« 内閣の要がひとり歩きする | トップページ | 民主党これで最後のG8 »

後で考える増税の副作用

逆進性対策は間違いなく必要…一体改革で首相
 17日の衆院社会保障・税一体改革特別委員会での主な質疑と答弁は次の通り。
 ◇一体改革
 前原氏 一体改革に「政治生命をかける」と言っているのはなぜか。
 野田首相 国民皆年金、皆保険という世界に冠たる制度が、維持可能かどうか多くの皆さんが不安に思っている。その意味で、安定財源として消費税の引き上げをお願いする。国益を考え、与野党が胸襟を開いて成果を得るのが極めて大事だ。
 ◇消費増税
 前原氏 消費増税をやらないとどういう事態になるか。
 安住財務相 国債が信用されなくなり値段が下がれば金利が上がる。国債の発行額をできるだけ抑えながら、財政再建を進めないといけない。
 前原氏 なぜ法人税や所得税でなく消費税を上げるのか。
 財務相 今の税率構造では、若い人に全てのしわ寄せが行きかねない。高齢者にも負担をある程度いただき、制度を維持していく。
 前原氏 消費増税法案に「名目成長率3%、実質成長率2%」の目標を入れた意味は。
 首相 新成長戦略で打ち出した政策目標だ。財政のことを考える一方、経済成長も実現しなければならない。この政策目標に政府として全力で取り組む。
 前原氏 (低所得者ほど消費増税の負担感が増すとされる)「逆進性」対策は必要だ。
 首相 低所得者対策、逆進性対策は間違いなく必要だ。これまで党内の議論の積み重ねで給付つき税額控除が基本的に我々の考え方になっている。ただ、逆進性対策の中で、軽減税率を効果的に使えないかという議論もある。与野党間で真摯(しんし)に胸襟を開いて議論を進める。
 樽床氏 年金医療税の名称の方がはるかに分かりやすい。
 首相 (細川内閣で)「国民福祉税」と言った時もあったが、理解が進んだかというと決してそうではなかった。(以上(2012年5月18日09時58分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120518-OYT1T00266.htm

 民主党内の消費税増税論議で一任を取り付けた前原誠司が、消費税増税の逆進性について特別委員会で質問した。
 他の奴ならまだ分かるが、消費税増税で一任を取り付けた前原誠司の言うことではない。それは、党内での議論時に、問題点を洗い出しそれを補完する形での法案になっていないのは前原誠司の所業だ。とりまとめたからもう関係ないとばかりに「言うだけ番長」に戻っただけだ。
 また、前原誠司は、逆進性対策として、金をばらまくことを提案したが、金を徴収しておいて後から返すという方法は、金を返還するための役人組織が新たにできることだ。そうすれば、余計な人件費が掛かる。そのようなことをするよりは、最初から取らなければ済むことだ。要するに、生活必需品の消費税率を据え置けば済む話だ。国民のことよりも、税収だけを考えているからこのようなことになるのだ。低所得者対策、逆進性対策を含んだ消費税増税法案であって、始めてまともな法案と言えるのだ。
 税と社会保障の一体改革の全容も見せずに、野田豚は消費税増税に不退転とほざいている。野田豚のようにマルチで考える能力が欠如した人間が、総理の座に居座ること自体、日本の不孝以外の何物でも無い。(No.3298-2)

|

« 内閣の要がひとり歩きする | トップページ | 民主党これで最後のG8 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54740011

この記事へのトラックバック一覧です: 後で考える増税の副作用:

« 内閣の要がひとり歩きする | トップページ | 民主党これで最後のG8 »