« 願掛けて延命願うのは岡田 | トップページ | 前例に妙な固執をする岡田 »

国民に如何なものか考えぬ

小沢氏の消費増税反対、岡田氏「生産的でない」
 【ジャフナ(スリランカ北部)=足利浩一郎】岡田副総理は4日夜(日本時間5日未明)、スリランカ中部のキャンディで同行記者団と懇談し、参院で問責決議が可決された前田国土交通相と田中防衛相について、「内閣の方針は決まっている。我々は何か辞めさせる問題があったとは考えていない」と述べ、続投させるべきだとの考えを強調した。
 この後、岡田氏は5日夜(日本時間同)、ジャフナで同行記者団に対し、消費税率引き上げ関連法案に民主党の小沢一郎元代表が反対の意向を示していることについて、「こういうことが足りないと言っていただかないとあまり生産的でない。(行政改革などの成果が)何もないと言うのは、一生懸命やってきた人に対していかがなものか」と不快感を示した。(以上(2012年5月5日23時58分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120505-OYT1T00572.htm

 民主党の偏屈男・岡田克也が、消費税増税法案に反対を示している小沢一郎に、「生産的ではない」と遠いスリランカでほざいたそうだ。
 生産的ではないのは、民主党の物事に決め方ではないだろうか。言うだけ番長・前原誠司が、採決もせずに「執行部一任」を取り付けていると考えているアホが民主党にいること自体、生産的ではないのだ。また、二年半経っても、マニフェスト2009の何一つ実現していない民主党に、一生懸命国民、被災者の足を引っ張ってきた人に対していかがなものか、よく言えたものだ。と言うより、民主党は、嘘八百でも言った者勝ちという体質が染みついているから仕方ないのかも知れない。直近の国政選挙である2010年の参院選では、民主党にノーと突き付けられているのだ。それを無視して、政権にしがみついているのが、民主党であり、嘘八百をさらに推し進めようとしているのだ。
 一生懸命、余計なことをした民主党には、一日も早く国政から身を引いて貰うしか道はない。一生懸命やれば、どんなことでも許されると思っている岡田克也の脳みそを見てみたい。(No.3286-2)

|

« 願掛けて延命願うのは岡田 | トップページ | 前例に妙な固執をする岡田 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54648184

この記事へのトラックバック一覧です: 国民に如何なものか考えぬ:

« 願掛けて延命願うのは岡田 | トップページ | 前例に妙な固執をする岡田 »