« 門前払いでも外交という野田 | トップページ | 人気取りしたい気持ちにまだ懲りぬ »

事故調に邪魔と認定された菅

菅前首相の視察、処理妨げに…事故調で東電会長
 国会の「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」(黒川清委員長)は14日、東京電力の勝俣恒久会長を参考人として招致し、公開で質疑を行った。
 勝俣氏は福島第一原発事故について、「反省する課題は多々ある。大変な迷惑をかけて申し訳ない」と陳謝した。
 勝俣氏は、菅前首相が事故翌日に同原発を視察したことについて、「(当時の)吉田昌郎所長らが対応したが、所長は事故の復旧に全力を尽くすのが一番大事だった」と述べ、首相視察が事故処理の妨げになったとの認識を示した。
 さらに、「(所長に)電話での照会が、首相や首相補佐官からダイレクトにあった。芳しいものではない」と、菅前政権での首相官邸の対応に不満を述べた。(以上(2012年5月14日23時27分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120514-OYT1T01014.htm

 大震災翌日の国賊・菅直人が、福島第一原発を視察した件で、事故調は東電の勝俣会長から、邪魔以外の何物でも無かったとの証言を得た。
 国賊・菅直人は、この件について国会で、「そのようなことは全くない」と当時のことをほざいていたが、実際に、当事者の東電にとって邪魔以外の何物でも無かったことが、ようやく証明された。これで、吉田所長から「菅直人が来なければ、ベントが早くできて水素爆発しなかったかも知れない」という証言でも得られれば、放射性物質をまき散らした諸悪の根源が菅直人であることが確定するだろう。
 邪魔された側が、そのように言うのなら分かるが、邪魔した本人が「邪魔していない」ということがまかり通ること自体、民主党政権の思考回路が壊れていることを示している。まるで、迷惑を掛けた奴が「お互い様」と言うのと同じ発想だ。
 事故調は、国賊・菅直人の悪行を総て洗い出した上で、既に刑事告訴されている国賊・菅直人の証拠として国民の前に示す必要があるし、司法当局も、国会に菅直人の身柄拘束の願いを出して、一日も早く、国賊・菅直人の悪行を司法の手で明らかにすべきだ。(No.3294)

|

« 門前払いでも外交という野田 | トップページ | 人気取りしたい気持ちにまだ懲りぬ »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54714817

この記事へのトラックバック一覧です: 事故調に邪魔と認定された菅:

» 【原発事故】「菅首相が所長に直接電話をしてきたので時間を取られた」 東電・勝俣会長 [【豆β】ニュース速報+]
1 :そーきそばΦ ★:2012/05/15(火) 10:12:25.11 ID:???0福島第一原発の事故を検証する国会の事故調査委員会で、東京電力の勝俣恒久会長は、菅前総理大臣が吉田前所長に直接連絡をしたことが事故処理の妨げに...... [続きを読む]

受信: 2012年5月15日 (火) 12時01分

« 門前払いでも外交という野田 | トップページ | 人気取りしたい気持ちにまだ懲りぬ »