« 不退転意気込みだけが空回り | トップページ | 願掛けて延命願うのは岡田 »

検察のアシストで無罪を勝ち取る

起訴誘導?陸山会捜査報告、特捜部長が大幅加筆
 陸山会事件の捜査報告書の虚偽記載問題を巡り、当時の東京地検特捜部長だった佐久間達哉検事(55)が、同部副部長が作成した別の捜査報告書について、政治資金規正法違反に問われた小沢一郎民主党元代表(69)(1審無罪)の関与を強く疑わせる部分にアンダーラインを引くなど大幅に加筆していたことが分かった。
 この報告書は、虚偽記載のあった報告書とともに、元代表を「起訴すべきだ」と議決した東京第5検察審査会に提出されていた。検察当局は、当時の特捜部などに同審査会を起訴議決に誘導する意図があったかどうか慎重に調べている。
 副部長が作成した報告書は、元特捜部の田代政弘検事(45)が2010年5月17日に元代表の秘書だった石川知裕衆院議員(38)(1審有罪、控訴)を任意で事情聴取した後に作成した虚偽記載のある報告書のほか、石川被告や元代表らの供述調書などの証拠を再評価したもの。
 関係者によると、報告書は全部で約20ページあり、政治資金収支報告書の虚偽記入について、元代表と石川被告らの共謀を肯定する要素と否定する要素の両論が併記されている。当時の副部長が特捜部長だった佐久間検事宛てに作成したが、佐久間検事は自ら、田代検事が作成した報告書の虚偽記載部分にアンダーラインを引いたり、供述内容を書き加えたりしたという。(以上(2012年5月5日11時36分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120505-OYT1T00181.htm

 小沢一郎が陸山会事件で無罪を勝ち取ったが、その裏には、検察の大きなアシストがあったようだ。
 裁判自体、検察官役の指定弁護人の言い分がほとんど通ったにもかかわらず、裁判所は、小沢元被告に対して無罪を言い渡した。その中で、検察の捜査のやり方がまずいことで証拠として取り上げられなかった大きな事実がある。そして、このように、未だに懲りない東京地検特捜部という自惚れた組織の実態が明らかになった。
 「疑わしきは罰せぬ」は裁判の基本原理だ。しかし、検察の捜査がまずくて、処罰されなければならない者が、「疑わしきは罰せぬ」の適用を受けて無罪になることは、検察ぐるみの大失態としか言いようがない。
 この陸山会事件で、虚偽記載をやった検察官は、不起訴処分で済むというのだから、これほど理不尽なことはない。虚偽記載が発覚せずに冤罪を負わされている人もいるのだ。当然のことながら、嘘を書いた検察官は、人に罪をなすりつけて出世街道をまっしぐらだ。警察・検察の取り調べは、全て可視化して、おかしな取り調べを行った警察官・検察官の罪は、裁判の判決が確定してから、時効のカウントが始まるようにして、信賞必罰で臨めるように、法改正をするべきだ。
 当然、今回おかしな行動をした佐久間達哉に対しては、お白州で拷問により犯行事実を自白させるべきだ。(No.3285)

|

« 不退転意気込みだけが空回り | トップページ | 願掛けて延命願うのは岡田 »

公務員」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54637758

この記事へのトラックバック一覧です: 検察のアシストで無罪を勝ち取る:

« 不退転意気込みだけが空回り | トップページ | 願掛けて延命願うのは岡田 »