« 憲法は民主独裁許さない | トップページ | 門前払いでも外交という野田 »

強調と言えば民主は言っただけ

尖閣は日本固有の領土…首相、中国首相に強調
 【北京=高橋勝己】野田首相は13日、中国の温家宝(ウェンジアバオ)首相と北京の人民大会堂で会談した。尖閣諸島をめぐり、温首相は領有権を主張したが、野田首相は日本固有の領土であることを改めて強調し、平行線に終わった。
 野田首相は、尖閣周辺など東シナ海での中国による海洋活動について「活発化が日本国民の感情を刺激している」と述べ、自重を求めた。そのうえで、こうした問題が「日中関係の大局に影響を与えることは望ましくない」と指摘した。温首相も、影響を回避すべきとの点では同意したという。
 野田首相はまた、盲目の人権活動家・陳光誠氏らをめぐる中国の対応を念頭に、「国際社会の基本的かつ普遍的価値の一層の理解と追求のため、日中人権対話などを活用して協力したい」と述べ、中国の人権問題の改善が必要だとの考えを示した。(以上(2012年5月14日07時48分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120513-OYT1T00705.htm

 野田豚が中国の温家宝首相と会談し、尖閣諸島をめぐり、野田豚は日本固有の領土と強調したと報道された。
 しかし、最近分かった国賊・菅直人とメドベージェフ大統領との日露首脳会談で、その当時は、北方領土は日本固有の領土と国賊・菅直人はほざいていたが、実際は、領土交渉の打ち切りを言い渡されていたことが、最近になって分かった。それ故に、民主外交など本当にそのように強くいったのかさえも嘘くさい。野田豚になっても、連休の日米首脳会談にしても、取り敢えず相手にされただけで、オバマ大統領は夕食会も欠席してアフガニスタンへの電撃訪問をされていたし、クリントン国務長官も野田豚の相手をした直後に中国訪問に出発された。要するに、野田豚は招かざる客だっただけだ。
 野田豚の外交手腕は、政府関係者の情報が無いと分からないが、本当にそのように発言したのかさえも疑問が残る。それが民主外交だ。(No.3293)

|

« 憲法は民主独裁許さない | トップページ | 門前払いでも外交という野田 »

売国奴」カテゴリの記事

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54707303

この記事へのトラックバック一覧です: 強調と言えば民主は言っただけ:

« 憲法は民主独裁許さない | トップページ | 門前払いでも外交という野田 »