« 野田総理何をやってもセレモニー | トップページ | 政治判断なら要らぬ規制庁 »

売国奴もスパイも幸之助の遺訓

「彼がスパイ…」驚き戸惑う松下政経塾同期ら
 「まさか彼がスパイ活動に関係していたとは」――。
 警視庁公安部が在日中国大使館の1等書記官(45)に出頭要請していたことを受け、外交官として着任する前に付き合いがあった国会議員や松下政経塾関係者から驚きの声が上がった。
 書記官が1999年、海外インターンとして約半年間過ごした松下政経塾の同期だった森岡洋一郎衆院議員(民主)は29日、取材に応じ、「自分から積極的に動くような人ではなく、おとなしい印象しかない」と振り返り、「塾時代もその後も、何かの働きかけを受けたことはない」と話した。
 書記官は同塾で自己紹介の際、「日本の政治を勉強しに来た」と話していた。日本語は上手だったが、茶道研修の時は長時間の正座ができず困っていた様子だったという。
 インターン期間が終わった後は連絡を取っていなかったが、森岡氏が衆院議員になった後の2010年秋頃、書記官として森岡氏の事務所を訪れ、大使館での交歓会の招待状を置いていった。森岡氏は不在で、交歓会にも出席しなかったという。その後、都内の地下鉄の駅で偶然再会し、「久しぶり」と言葉を交わしたのが最後だという。
 森岡氏は「本当にスパイ活動をしていたのか、本人に聞いてみたい。公安当局には徹底的な捜査を望みたい」と話した。(以上(2012年5月29日15時54分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120529-OYT1T00791.htm

 売国政治屋の発生源である松下政経塾で、中国のスパイまで教育していたことが判明した。
 まさに、売国塾と言うべき不祥事だ。松下政経塾は、如何に、いい加減なことを松下幸之助の遺訓と称してやって来たかということだ。まあ、松下政経塾上がりが沢山いる民主党では、国籍を問わずカネを払えばサポーターになれるという売国行為をやっているのだから、これも、松下政経塾仕込みと考えれば、松下政経塾がスパイを輩出してもおかしくはない。松下政経塾の同期だった森岡洋一郎衆院議員(民主)が、「何かの働きかけを受けたことはない」とほざいているが、この期に及んで、よく知っていますなどと余計な詮索をされるようなことは言わないだろう。森岡発言の真偽は分からないと言った方が良かろう。
 当然の事ながら、司法当局は松下政経塾も家宅捜索を行い、事の真相を明らかにするべきだ。スパイ育成も松下幸之助の遺訓ではないことを明らかにするためにも・・・(No.3309)

|

« 野田総理何をやってもセレモニー | トップページ | 政治判断なら要らぬ規制庁 »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54828549

この記事へのトラックバック一覧です: 売国奴もスパイも幸之助の遺訓:

« 野田総理何をやってもセレモニー | トップページ | 政治判断なら要らぬ規制庁 »