« 改悪は民主独自でやればよし | トップページ | 憲法は民主独裁許さない »

輿石がまだ居座りたいと言う与党

次期衆院選「来年夏にダブル選でいい」…輿石氏
 民主党の輿石幹事長は11日、国会内で開かれた党内の旧社会党系グループ議員らの会合で、次期衆院選について、「任期はあと1年半ある。来年7月に参院選があるから、ダブル選挙(衆参同日選)でいい」と述べ、来年8月の任期満了近くまで衆院を解散する必要はないとの認識を示した。
 輿石氏は早期の衆院解散に否定的な考えを示していた。消費税率引き上げ関連法案の採決などを契機とした解散を強く警戒している小沢一郎元代表グループなど党内への配慮を示すと同時に、同法案への協力条件に早期解散を求めている自民党をけん制する狙いもあるとみられる。
 輿石氏の発言に対し、樽床伸二幹事長代行は「非常に見識のあるダブル選挙論ではないか」と賛同したが、藤村官房長官は記者会見で、「解散権は首相にあるので、その時期や何かを共有するような案件ではない」と不快感を示した。(以上(2012年5月11日23時02分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20120511-OYT1T01011.htm

輿石氏の衆参同日選発言、与野党から批判相次ぐ
 民主党の輿石幹事長が、次期衆院選は来年夏の衆参同日選が望ましいとの考えを表明したことに対し、与野党から12日、批判が相次いだ。
 民主党の前原政調会長は沖縄県浦添市で記者団に、「衆院解散は首相の専権事項で首相が決めることだ。時期を含めて口にできる人は首相しかいない。周りの者が口を挟むべきことではなく、遠慮した方がいい」と語り、不快感を示した。
 自民党の町村信孝元官房長官も札幌市内での講演で、「谷垣総裁も公明党の山口代表も早く解散しなさいと言っている。それに真っ向から相対する発言をして、(社会保障と税の一体改革に)協力して下さいと言ってもだれが信用するか」と厳しく指摘した。さらに、「誠に傲岸不遜な不適切な発言だ。この人(輿石氏)は法案を採決すると、(民主)党が分裂するのが嫌だから、党内融和だけを考え、自民党なんてどうでもいいと思っている」とも強調した。(以上(2012年5月12日18時12分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120512-OYT1T00647.htm

 民主党の諸悪の根源・輿石東が、来年7月の参院選まで、政権にしがみつき、日本を徹底的に駄目にしたいとほざいた。
 小沢への配慮とか、自民党へのけん制とか言われているが、輿石東がそのような高尚なことを考える能力などある訳がない。できるだけ長く政権に留まり、甘い汁を吸いたいだけだ。そもそも、民主党政権の輩は、自分が言って良いことと悪いことの区別すらできないのだ。解散権は総理の専権事項と言いながら、国賊・菅直人が辞める前にも、ちびっこギャング・安住淳などは、「総理に解散を進言した」とか好き勝手ほざいていたのだ。
 民主党は、マニフェストの見直しなどとほざいて、1年が経とうとしているが、未だに見直したマニフェストすら出さない。そのくせ、マニフェストをなし崩しにすることにはご執心だ。このまま、いい加減なことを続けてやりたい、解散総選挙をすると旧社会党のように二度と民主党には政権が回ってこない、それだけは分かっているようだが・・・・・・
 消費税増税も含めて、嘘八百のマニフェストの責任を取る上でも国民の信を問い、総選挙をやっても、民主党に引き続いて政権をやって欲しいという国民の判断を仰ぐべきだ。(No.3292)

|

« 改悪は民主独自でやればよし | トップページ | 憲法は民主独裁許さない »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54697989

この記事へのトラックバック一覧です: 輿石がまだ居座りたいと言う与党:

« 改悪は民主独自でやればよし | トップページ | 憲法は民主独裁許さない »