« 悪弊が党派超えるか消費税 | トップページ | 無免許が自分の罪を軽くする »

役所と大臣と見解が違う

食品の放射能検査「独自基準やめて」 農水省が通知
 食品の放射性物質検査をめぐって、農林水産省は20日、スーパーや食品メーカー、外食産業などの業界団体(270団体)に対し、国が設けた放射性物質の基準を守るよう求める通知を出した。国よりも厳しい独自基準を設けて自主検査を実施し、「『放射性物質不検出』の食品しか売りません」などとする動きに歯止めをかけるのが狙いという。
 国は4月から、それまでの暫定基準を改め、新基準(一般食品の放射性セシウムは1キロあたり100ベクレル、牛乳と乳児用食品は50ベクレル、飲料水10ベクレル)を施行した。
 通知は同省食料産業局長名で出され、民間に広がる自主検査に対する注意喚起の形をとっている。通知は、この新基準が国際的な指標と比べても、さらに厳しい設定であることを強調。「過剰な規制と消費段階での混乱を避けるため、自主検査においても食品衛生法の基準値に基づいて判断するよう周知をお願いします」と記している。(以上(朝日新聞2012年4月21日8時53分)より引用)
http://www.asahi.com/politics/update/0421/TKY201204200862.html

食品の放射能独自基準「否定はしない」 農水相
 食品に含まれる放射性物質の検査をめぐり、国より厳しい独自基準を設ける企業などに国の基準を守るよう求めた農林水産省の通知について、鹿野道彦農水相は23日、記者団に対して「強制力はなく、(民間の)いろいろな取り組みを否定するものではない」と釈明した。
 通知は20日にスーパーや食品メーカー、外食産業などの関連する270団体に発出された。「過剰な規制と消費段階での混乱を避けるため」としているが、流通業者や消費者団体の中には反発の声が出ている。
 鹿野農水相は「政府の考え方が一本化されて食と農の安全の信頼関係を作り出していかなければならない」と通知を出した理由を説明。国の基準が国際的な基準と比べても厳しい内容であることを強調し、「農水省の考え方を周知徹底したい」と述べた。(以上(朝日新聞2012年4月23日23時37分)より引用)
http://www.asahi.com./politics/update/0423/TKY201204230613.html

 20日に農林水産省は、自主検査の「独自基準やめて」と食料産業局長名で通達を出したが、23日になって鹿野道彦農水相が独自基準を否定はしないと釈明した。
 そもそも、大臣と官僚とが違う見解を出すことが、民主党の言う「政治主導」なのだろうか。政治主導というのであれば、大臣・政務三役が公表するべきことであり、食料産業局長如きが勝手に出したということになるのだろうか。何をやっても曖昧なのが民主党政権だ。さらに、業界団体が独自調査をしなければならないこと、独自基準を設けなければならないことは、政府に対する信頼性が欠如しているからに他ならない。牛乳と乳幼児食品は50ベクレムとしているが、週刊誌では、皇室の御用牧場の牛乳から16ベクレム検出されたと騒いでいるではないか。農水省の基準で絶対安全というのならば、記事にもならないはずだ。ザルの暫定規制値を規制値に変えて国際的な基準より厳しいとしても、それで100%安全だという証左はない。また、国の検査が杜撰で検査漏れがあることも独自検査をしなければならない理由だ。
 とにかく民主党政権が何を言おうとも国民は信用できないという所まで、権威が失墜していることを野田豚は早く知ることだ。信用できない輩が何をやっても信用されないのは、当然のことだ。民主党の嘘八百政権がこの世から無くなることこそ、国民の信頼に繋がるのではないだろうか。(No.3273-2)

|

« 悪弊が党派超えるか消費税 | トップページ | 無免許が自分の罪を軽くする »

健康」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54548115

この記事へのトラックバック一覧です: 役所と大臣と見解が違う:

« 悪弊が党派超えるか消費税 | トップページ | 無免許が自分の罪を軽くする »