« 復旧の工程表もない政府 | トップページ | 問責で総理の盾がいなくなる »

停電と脅す枝野の無為無策

関西で計画停電の可能性…枝野経産相
 枝野経済産業相は17日の閣議後の記者会見で、今夏の電力不足が懸念される関西地域について「計画停電の可能性は否定しない」と述べ、電力の需給次第では昨春に東京電力管内で実施した計画停電に踏み切る可能性もあるとの見方を示した。
 枝野氏は「節電の呼びかけなどで需給の差を埋める努力をするが、少しでも(停電の)不安があれば、(計画停電を実施する)計画を立てるのは関西に限らずあり得る」と述べた。これに関連し、関西経済連合会の松下正幸副会長(パナソニック副会長)は同日、都内で記者団に対し「電力が不自由な状態になるのは、日本への国際的な不安を招く」と述べ、政府に電力対策を求めた。(以上(2012年4月17日20時57分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120417-OYT1T00988.htm

 電力会社の電力供給義務のことは何処かに忘れて、関西電力の代弁者である枝野幸男が、関西地区で計画停電もあり得るとほざいた。
 関西電力の電力供給能力の査定にしても、大阪市のチェックにも劣る関西電力の言いなりとなっている経済産業省は、原発再稼働ありきで何としても大飯原発の再稼働を不退転の意志で進めようとしている。今年の夏の電力予想では、東京電力管内においては何も問題とはなっていない。東電管内では、火力発電等で賄うようにしたからだ。しかし、関西のキリギリス関西電力は原発再稼働を期待して何も対策を行ってきていない。計画停電をやるというのであれば、電力供給義務を果たせない関西電力の全役員を更迭するのが筋だろう。
 民主党の恫喝まがいの政治ごっこはもうノーサイドにしましょう。(No.3267-2)

|

« 復旧の工程表もない政府 | トップページ | 問責で総理の盾がいなくなる »

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54501667

この記事へのトラックバック一覧です: 停電と脅す枝野の無為無策:

« 復旧の工程表もない政府 | トップページ | 問責で総理の盾がいなくなる »