« 鳩山に必要なのは座敷牢 | トップページ | 鳩山と同罪なのは民主党 »

どうしても増税だけは果たしたい

消費増税法案、継続審議は想定せず…首相強調
 野田首相は10日、読売新聞などのインタビューで、消費税率引き上げ関連法案について「(今国会の)会期の中で成立を期すことが責任を果たす最低の条件だ」と述べ、継続審議は想定していないことを強調した。
 審議入りの時期に関しても「『(大型)連休の後に』と決めたことはない。早急に審議できるようにしたい」と月内を目指す考えを示した。
 民主党内では、輿石幹事長ら党執行部が消費増税に反対している小沢一郎元代表らの造反や党分裂を避けるため、継続審議を模索しているとの見方が出ている。だが、首相は「(輿石)幹事長も含め党執行部全てがこの国会中に成立を期すことを頭に描いている。今国会中に成立を期すのが基本中の基本だ」と指摘した。(以上(2012年4月10日23時07分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120410-OYT1T01023.htm

 野田総理殿は、消費税増税法案だけは今国会の会期中に成立させると豪語されたのでござりまする。
 しかし、消費税という所得とは逆進性のある税の増税に対して、所得の少ない方へのご配慮はどうでも良いことのように感じるのでござりまする。消費税を導入している他国のように、生活必需品の税率を据え置くとかという処置よりも、少しだけ低所得者に還元することで誤魔化す法案を用意されているだけでござりますれば、もし、消費税増税法案が可決することになりますれば、鳩山・菅と並ぶ最悪の総理の座を民主党総理の三人が争うこととなるのでござりましょう。また、自民党殿は、消費税増税法案可決後を見据えて、自民党殿が政権を奪取した時のことを考えて、次期総選挙のマニフェストに消費税率10%を掲げられたのにござりまする。自民党殿としては、消費税増税法案と引き替えに解散総選挙を行わせて、自民党殿の政権復活をお考えになっているように見えるのでござりまするが、谷垣殿で総選挙を戦うという暴挙のように思われるのでござりまする。民主党殿と自民党殿が争っている間に、第三局が漁夫の利を得ることも現実味を帯びてきたのにござりまする。
 しかし、野田総理殿の足下の民主党殿は、各議員が好き勝手政に口を出されておられますので、どうなることでござりましょうか。(No.3260)

|

« 鳩山に必要なのは座敷牢 | トップページ | 鳩山と同罪なのは民主党 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54444974

この記事へのトラックバック一覧です: どうしても増税だけは果たしたい:

« 鳩山に必要なのは座敷牢 | トップページ | 鳩山と同罪なのは民主党 »