« 与党より野党に頼る消費税 | トップページ | お粗末が過ぎる政府の危機管理 »

大臣が書類も見ずにサインする

市長選支援依頼の国交相、国会審議で追及…自公
 自民、公明両党の国会対策委員長は12日、国会内で会談し、前田国土交通相が岐阜県下呂市長選をめぐり、同市の建設業協会幹部に特定の立候補予定者への支援を依頼する文書を郵送していた問題について、国会審議で厳しく追及する方針で一致した。
 自民党の茂木政調会長は同日の記者会見で「出処進退をきれいにされた方がいい。(問責決議案は)選択肢としてある」と述べ、自発的辞任を求めた。
 これに対し、民主党の輿石幹事長は記者会見で「軽率だったとの責任はあるが、公選法違反とはとらえない。問責も辞任もない」と擁護した。藤村官房長官は同日の記者会見で、前田氏本人に対し、事実関係を調査して報告するよう指示したことを明らかにした。(以上(2012年4月12日22時00分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120412-OYT1T01092.htm

 民主党の前田国交相が、下呂市長選に特定候補の支援を依頼する文書を送付した件で、田中防相に続く問責対象となった。
 そもそも、民主党の政治屋とは、自分の知らない所で金が動いても知らない、献金を貰った相手を知らない、サインしたけどその書類が何だったか読んでいない、などと言う言い訳が浮かぶことすら、政治屋の前に人間としての管理能力は如何なものかと思う。どうして、大臣という重責にありながら、やっては行けないことすら分かっていないのだろうか。まあ、田中防相を見れば、自分の仕事すら分かっていないのだから、国会議員の法律違反など頭に入っている訳がないのも分からないではない。しかし、国民を代表した国会議員である以上、遵法意識が欠如していれば、問う全責任を取るべきことだ。しかし、民主党のミイラの輿石は、ことの詳細を調べる前から裁判官の如く「公選法違反とはとらえない」などと、輿石中心に輿石の選り好みで世の中が回っているかの如き発言だ。
 参議院で過半数を占める自民公明両党は、政治規範の管理人という立場もあるだろう。民主党の好き勝手を抑えるには、参議院で欠格大臣の問責決議というカードを政局に使わず、世直しのために使うべきだろう。(No.3262)

|

« 与党より野党に頼る消費税 | トップページ | お粗末が過ぎる政府の危機管理 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54459301

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣が書類も見ずにサインする:

« 与党より野党に頼る消費税 | トップページ | お粗末が過ぎる政府の危機管理 »