« 幻想を抱く総理の消費税 | トップページ | 手土産も持たずに行った野田総理 »

正論の主義だけ分かるのが小沢

「原点なおざり」小沢氏批判…無罪判決言及せず
 民主党の小沢一郎元代表は28日、栃木県真岡市で開かれた同党衆院議員の会合であいさつし、野田首相の政権運営について、「2年半前の総選挙で政権交代を目指して訴えたものは何だったのか。その原点、初心を我々の内閣はややもすれば、なおざりにして忘れてしまっている」と述べ、消費税率引き上げ関連法案の成立を目指す首相を批判した。陸山会事件で無罪判決を受けた後、元代表が公の場で発言したのは初めて。無罪判決には言及しなかった。
 元代表は「リーダーが決断し、責任を持って『国民の生活が第一』という旗印の下でみんなが力を合わせれば、必ず支持を取り戻すことができる」とも語った。(以上(2012年4月28日20時26分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120428-OYT1T00674.htm

 小沢一郎氏は、陸山会事件の無罪判決を受けて、政治活動に精を出すようになられたようだ。
 しかし、今回の無罪判決は、検察の杜撰な捜査のアシストに救われて推定無罪を勝ち取っただけで、小沢氏の清廉潔白が証明された訳ではない。小沢氏はこれまで、国会の政倫審での証言を受ける受けないと逃げ回っており、刑事責任は問われないにしても、政治家としてのケジメはまだつけていない。国会の政倫審なり証人喚問を早く受けて、身の潔白を自分の言葉で証言すべきだ。
 また、小沢氏の主張は、それだけを聞くとごもっともだと思うのだが、金権政治に逆戻りしないと言う前提がないと、額面通りには受け取れないだろう。(No.3279)

|

« 幻想を抱く総理の消費税 | トップページ | 手土産も持たずに行った野田総理 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54587671

この記事へのトラックバック一覧です: 正論の主義だけ分かるのが小沢:

« 幻想を抱く総理の消費税 | トップページ | 手土産も持たずに行った野田総理 »