« AIJ独法ならば問われまい | トップページ | サミットの成果問われる立ち話 »

多数決取らず一任を取り付ける

民主、未明の大混乱=小沢系「めちゃくちゃな話」-消費増税
 消費増税関連法案をめぐる民主党の事前審査は28日午前2時すぎ、前原誠司政調会長が拍手と怒号が交錯する中で一任取り付けを宣言、幕切れとなった。会場となった衆院議員会館の会議室は大混乱。出席者がもみ合う中、前原氏は会場を抜け出した。増税に反対する小沢一郎元代表に近い中堅・若手議員らは収まらず、「こんなめちゃくちゃな話があるか」などと怒りをぶちまけた。
 出席者によると、延べ8日間、40時間余りにわたった議論を終結させるきっかけをつくったのは、ベテランの石井一参院予算委員長。反対派に向かい、「文句があるやつは9月の代表選で戦えばいい」と言い放って法案の閣議決定を認めるよう求め、執行部に審査打ち切りを促した。
 これに対し、反対派の川内博史衆院議員は、なおも議論を続けるよう求めたが、前原氏は「皆さんの思いは十分に承った。私に一任いただきたい」と発言。場内は賛成派の拍手と反対派の怒声で騒然となったという。
 小沢グループは、法案審査を仕切る前原氏が「一任を得た」と一方的に宣言して姿をくらますのを阻止しようと、出入り口付近に極真空手経験者ら「武闘派」を配置。前原氏は野田佳彦首相に近い議員らに守られながら脱出を試みたが、反対派がつかみかかって、前原氏を囲んだ議員ともみ合いとなったため、反対側にある別の出入り口から会場を逃れた。(以上(時事ドットコム2012/03/28-08:23)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012032800038

 民主党の消費税増税の事前審査が、多数決も取らずに怒号渦巻く中、前原誠司に一任されたことになった。
 全会一致で賛成というのであれば、それで一任というのは分かるが、反対派も納得しない中で、一任を取り付けたと言う政治芝居が行われたと言うことは、民主党には、民主主義が存在しない、朝鮮労働党と大差のない政党だと断言できる。元々、油と水の集合体なので、意見の一致を見ることはできないだろうが、賛否両論ある時には、多数決を取るのが民主主義ではないだろうか。それすらやらずに、一任の宣言を放言した後は、裏口から前原誠司が逃げ出さなければならないような体たらくで、党内の一致を見たとほざいても良いのだろうか。パフォーマンスにしてもレベルが低すぎると私は感じる。
 これで、前原誠司は、「言うだけ番長」から「言い逃げ番長」と肩書きを代えることができるだろう。どちらにしても、民主主義の原理原則を忘れた民主党にこれ以上政権の座に居座って貰いたくはない。しかし、対抗馬の自民党の谷垣禎一が糞の役にも立たない輩なので、自民党待望論さえ生まれてこない。被災地をそっちのけで政局にご執心な既成政党はまとめて、ゴミ箱に入れるしか手段は無さそうだ。
 また、前原誠司は、一任を取り付ける案さえも出しておらず、白紙委任を押しつけた訳だ。これでは、まとまるものもまとまらないのは物の道理だろう。(No.3246-2)

|

« AIJ独法ならば問われまい | トップページ | サミットの成果問われる立ち話 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54328771

この記事へのトラックバック一覧です: 多数決取らず一任を取り付ける:

« AIJ独法ならば問われまい | トップページ | サミットの成果問われる立ち話 »