« 消費税に大連立は似合わない | トップページ | 増税に政治生命掛ける野田 »

素人外交が損ねる国益

輿石訪中団と鳩山元首相、別々に習副主席と会談
 【北京=小坂一悟】民主党の輿石幹事長の訪中団と鳩山元首相は23日、それぞれ中国を訪問し、北京市内の人民大会堂で、中国の次期最高指導者に内定している習近平(シージンピン)国家副主席と個別に会談した。
 輿石氏の訪中は、民主党と中国共産党の「日中交流協議機構」の事業の一環で、23日から3日間の日程で始まった。訪中団は仙谷由人政調会長代行らを含む10人。一方、鳩山氏も同じ日程だが、現地ではほぼ別行動だ。
 輿石氏は習氏と約50分間会談し、東シナ海ガス田の共同開発条約交渉の早期再開を求めたのに対し、習氏は「事務レベルで協議し、早期に再開できるよう条件づくりをしていかなければならない」と応じた。歴史問題では、輿石氏が1995年の「村山談話」を引用しながら、日本が平和主義を貫いているとの考えを強調。習氏は「歴史を鑑(かがみ)とし、未来に向けていくことが日中共通の政治基盤だ」と語った。
 約20分後に行われた鳩山氏と習氏の会談でも、鳩山氏はガス田の交渉再開を求めた。鳩山氏は会談後、記者団に、輿石氏らとの調整の有無を問われ、「全くしていない。私(の訪中)は半年前から決めていた」と語った。(以上(2012年3月24日09時03分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120324-OYT1T00136.htm

 外交のド素人・輿石東が冥土の土産とばかりに、中国を訪問したそうだ。そこには、放し飼いにされた世界の恥さらし・鳩山由紀夫も居たというのだから、民主党の外交は何を考えているのだろうか。
 習近平国家副主席との会談で、輿石も鳩山も東シナ海ガス田の話をしたというのだから、呆れてものも言えない。このような話は、外交音痴など出すよりも、外務大臣に任せた方が良いことすら分からないお上りさんだ。習近平国家副主席も、同じ話を別の民主党議員にしなければならないことを呆れたことだろう。このように、まともな外交のできない民主党政権に政権を任せておけば、どんどん日本の国際的な立場が揺らぐだけだ。まして、外交の国賊とも言える鳩山由紀夫を放し飼いなどしたままで恥の上塗りをしても、平気な財務省の犬・野田佳彦は、消費税増税しか頭で考えられない無知無能の権化と言えるだろう。北朝鮮とのバレバレの極秘会談では、中井ハマグリなどがしゃしゃり出てくるなど、既に政権としての体をなしていない。
 これ以上世界に日本の恥を晒さないように、まず、鳩山由紀夫を座敷牢に閉じ込めることだ。(No.3243)

|

« 消費税に大連立は似合わない | トップページ | 増税に政治生命掛ける野田 »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54297468

この記事へのトラックバック一覧です: 素人外交が損ねる国益:

« 消費税に大連立は似合わない | トップページ | 増税に政治生命掛ける野田 »