« 何を言っても筋が通らぬ副総理 | トップページ | 前原の真骨頂が問われてる »

子供さえ説得できぬ総務相

年金どうなるの?小学5年生の質問に総務相恐縮
 政府主催の社会保障・税一体改革の対話集会が17日、全国2会場で開かれた。
 このうち、川端総務相が出席した松山市の集会では、小学校5年生の参加者が「僕が大人になって、年金などの問題で世の中やっていけるのか」と質問。
 川端氏は恐縮した表情で「小学5年生にそういうことを心配させているのは大変申し訳ない。深刻に受け止めたい」と応じた。(以上(2012年3月18日11時25分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120318-OYT1T00250.htm

 社会保障と税の一体改革を説明するとした対話集会で、総務相の川端達夫は、小学生の質問にたじたじとなったらしい。
 小学生にすら丸め込めないような法案を堂々と出す位だから、民主党政権の知能レベルは、小学生低学年レベルと言っても良かろう。対話集会は、野田佳彦の肝いりで、消費税増税を周知徹底するという目的で行われているが、如何に矛盾したことをやっているのかを一日も早く理解すべきだ。また、民主党は、党内でごちゃごちゃやっていないで、自分達の考え方が正しいか否か、小学生を集めて意見を求めた方が良いのではないだろうか。そして、小学生に対して言いくるめられるようになるまで法案をブラッシュアップした後に、法案として国会に提出すればよいのだ。そうすれば、国会討論も中学校の学級会レベルにはなるだろう。
 絵空事だけは上手だが、子供にさえも説明の付かないことをやっている民主党には、余計なことを決める前に、解散総選挙しか選ぶ道はあるまい。党内でも議論されていないことを記者の前で開陳する輩、極秘会談が事前に漏れて周知の事実となるような政党にこれ以上政権を任せる訳にはいかない。(No.3237)

|

« 何を言っても筋が通らぬ副総理 | トップページ | 前原の真骨頂が問われてる »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/54257110

この記事へのトラックバック一覧です: 子供さえ説得できぬ総務相:

« 何を言っても筋が通らぬ副総理 | トップページ | 前原の真骨頂が問われてる »