« 税金をマツダのために垂れ流す | トップページ | 被害妄想で頭が満たされる »

嘘八百に開き直ったマニフェスト

公務員人件費2割削減は困難の認識…岡田副総理
 岡田副総理は10日の記者会見で、民主党が2009年の衆院選政権公約(マニフェスト)に明記した2013年度までの国家公務員総人件費2割削減について、達成は難しいとの認識を示した。
 岡田氏は「2割と書いたが、これを数で出そうとすると解雇しないといけない。今の公務員制度のもとでは出来ない」と述べた。
 民主党の小沢一郎元代表が消費税率引き上げ関連法案に反対する姿勢を示していることについては、「政党人として党できちんと決めたことには従っていただけると思っている」とけん制した。(以上(2012年2月11日11時04分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120210-OYT1T01195.htm

 副総理の岡田克也が、国家公務員総人件費2割削減という民主党のマニフェストは詐欺であったことを認めた。
 2013年度までに達成は無理とのことだが、ここまで、無能の総理、鳩山、菅と2年半以上も政権を担いながら、何もせぬ無為な日々を送りながら、今になってできない、2割削減には解雇しなければならないとほざき始めた。要するに、始めからできないことをマニフェストに書いて、国民を騙してきたのだ。今の公務員制度ではできないと言い訳しているが、そのようなことマニフェストを作成する時点で分かっていたはずだ。今さら何をほざいているのかとしか思えない。
 また、民主党員資格停止処分中の小沢一郎に、党で決めたことは従って頂けるともほざいているが、当の本人が議論に入れないのに、無知無能の権化集団である民主党が決めたから、それに従えと言うのは無理な論理だ。
 既に民主党政権が最長で続いた場合でもできないのならば、今すぐ、責任を取って、国民に信を問うのが筋だろう。そのような筋論も分からない民主党には、国外退去を命じて北朝鮮にでも行って貰いたいものだ。(No.3201)

|

« 税金をマツダのために垂れ流す | トップページ | 被害妄想で頭が満たされる »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53957427

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘八百に開き直ったマニフェスト:

« 税金をマツダのために垂れ流す | トップページ | 被害妄想で頭が満たされる »