« 民主党公約全部破綻する | トップページ | マイナンバーに漏洩はどう避ける »

原子炉を政治判断する民主

福島2号機:高温表示に細野担当相「冷温停止変えぬ」
 細野豪志原発事故担当相は13日午前の衆院予算委員会で、東京電力福島第1原発2号機の原子炉内の温度上昇について「心配をかけおわびする」と陳謝したうえで「現段階では冷温停止状態の判断を変える必要はない」と説明した。経済産業省原子力安全・保安院の深野弘行院長も「(核分裂が連続する)臨界のような兆候はなく、原子炉は安定的に管理されている」と述べた。吉野正芳氏(自民)への答弁。【坂口裕彦】(以上(毎日新聞2012年2月13日12時39分(最終更新2月13日14時00分)より引用)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20120213k0000e040085000c.html

 東京電力福島第一原発2号機における原子炉内の温度上昇を細野豪志は、「原子炉は安定的に管理されている」とほざいた。
 これは、原子炉の内部状況も分からない状態で、財務省の糞・野田佳彦が政治判断で冷温停止を決めたことを庇う発言だ。東京電力では、温度計の故障などとほざいているが、誰一人として、原子炉内部の状態を知るものはいない。それで、数値がおかしいから温度計の故障などと釈明した所で信じられるものではない。まして、原子力安全不安院が安全だとほざいている以上、何を持って原子炉の状況を理解しろと言うのだろうか。
 それよりも、原発菅災の責任を取らせて、原子炉内部に歩く国賊・菅直人を投入したらどうだろうか。そうすれば、原子炉内部の状況も把握でき、歩く国賊・菅直人の罪滅ぼしにもなるだろう。総理辞めればお咎め無しでは許されるものではない。ダボス会議に代理出席をさせて、世界の顰蹙を買ったらしいが、それさえ分からない輩だ。せめて、身を以て国民に償うことを真摯に考えて欲しいものだ。
 分からないものを大丈夫だと放言する民主党政権にこれ以上政治を任せても、勝手な政治判断をするだけだ。世論調査の結果も、財務省の糞・野田佳彦の退場を迫っている。民主党は、真摯に自党内の無能勢力を分析し、大政奉還を考えるべきだ。(No.3203)

|

« 民主党公約全部破綻する | トップページ | マイナンバーに漏洩はどう避ける »

危機管理」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53973632

この記事へのトラックバック一覧です: 原子炉を政治判断する民主:

« 民主党公約全部破綻する | トップページ | マイナンバーに漏洩はどう避ける »