« 調整が思いつきでは追いつかぬ | トップページ | 事情聴取は野田よりも菅直人 »

政策の抜けを隠して頬かむり

年金試算を当面公表せず、「一体改革とは別」と
 野田首相は29日、首相公邸で政府・民主三役会議を開き、民主党が政権公約(マニフェスト)で掲げた年金制度抜本改革には消費税率を最大7・1%引き上げる必要があるとする試算を当面公表せず、引き続き対応を協議する方針を決めた。
 2015年に消費税率を10%に引き上げる社会保障・税一体改革と試算は別との認識で一致した。年金抜本改革の全体像を示すことは確認したが、試算の公表を求めていた野党側は反発している。
 会議では、民主党の輿石幹事長が「国民は消費税が10%に上がって、(さらに)2、3年後に6、7%上がるように見る」と述べ、試算の公表に慎重な考えを示した。前原政調会長も「公表した場合、一体改革の議論に集中できなくなる可能性がある」と同調した。首相も「(公表には)メリットもデメリットもある。状況の推移を見極めよう」と述べ、野党の出方も見極めた上で判断することにした。(以上(2012年1月30日03時08分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120129-OYT1T00764.htm

 民主党の年金制度抜本改革には、さらに消費税率を最大7・1%上げないと実現できないという試算を財務省の糞・野田佳彦は隠蔽することを決めた。
 要するに、社会保障と税の一体改革と言っても、一体何を改革するのか分からないことを隠すために試算を隠すと言っても良かろう。民主党のマニフェスト通りのことをやろうとすれば、消費税を5%位増税しても成り立たないことを意味している。それなのに、社会保障と税の一体改革などと大胆なことをほざき続けている財務省の糞・野田佳彦に政権を任せて置いて良いのだろうか。しかも、民主党のほざいている最低保障年金の額は、月に7万円だ。この金額は、憲法で保障している文化的最低限度の生活をするための生活保護費よりも低い水準だ。この点を取っても民主党の絵空事が続くことは、矛盾に満ちた政治が続くことを意味し、無意味というより百害しか無いのだ。
 日教組のドン・輿石東もこの試算を公表することにより、民主党の政策の矛盾点が明確になるとして、公表をしないお考えのようだが、この試算が漏れた以上、民主党の詐欺政治が明確になった。
 財務省の糞・野田佳彦は、それでも国民はこのような隠蔽体質の民主党に政治を続けて欲しいと考えているか、直接国民に信を問うべきことではないだろうか。(No.3188-2)

|

« 調整が思いつきでは追いつかぬ | トップページ | 事情聴取は野田よりも菅直人 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53859987

この記事へのトラックバック一覧です: 政策の抜けを隠して頬かむり:

« 調整が思いつきでは追いつかぬ | トップページ | 事情聴取は野田よりも菅直人 »