« 前原がまたもや放つブーメラン | トップページ | 調整が思いつきでは追いつかぬ »

大阪でマナー求めるだけの無駄

御堂筋でお願いしたら…自転車降りた人6%だけ
 大阪市が昨秋、メーンストリート・御堂筋(国道25号)で歩行者との接触事故を防ごうと、自転車利用者に歩道を押して歩くよう呼びかけた社会実験で、自転車を降りた人は100人あたり6人にとどまったことがわかった。
 自転車専用レーン設置の是非を巡って歩行者と自転車の共存を試みたものの、マナー頼みの限界を露呈した格好だ。
 自転車による歩行者との接触事故は年々増え、大阪府内では2010年には233件と10年前の5倍近くに上った。
 これを背景に、御堂筋では車道の側道部分について自転車専用レーン化を求める声が地元で出ている。しかし、渋滞が多発する恐れがあり、市は自転車のマナー向上で問題解決が可能かを探るために社会実験を実施。昨年9月下旬から約1か月間、淀屋橋―難波西口間(3キロ)で職員らが啓発ビラ10万枚を配り、自転車で走行中の人たちに押し歩きを求めた。
 その結果、要請に応じたのは1649人中106人(6・4%)だけ。職員の前では降りても離れると再び乗る姿も目立ったという。(以上(2012年1月29日08時46分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120129-OYT1T00103.htm

 大阪市が、御堂筋の歩道を走る自転車に、啓蒙のビラを配ってどれだけの輩が、ビラに従って自転車を押すかという社会実験をやり、その結果、良識のある大阪人はたったの6・4%だったことが判明した。
 社会実験が昨年秋というのだから、橋下市長誕生前であるが、大阪市は大阪人の性格も把握しないで、このような無駄なことをやっていたようだ。自己中の塊である大阪人にマナーを守れと言っても、猫に猫背を直せと言っているようなことだ。何せ、救急車がサイレンを鳴らして来ても、除けないし交差点には突入し、良く事故を起こしているぐらいの土地柄だ。自分さえ良ければよい大阪人を矯正するには、道交法違反の現行犯逮捕ぐらいしか、効き目はあるまい。
 車の駐車違反の業務委託をやっているが、自転車についても、通行区分違反の取り締まりを行う業務委託でも始めた方が、大阪にとっては良いのではないか。大阪人は無駄な支出を極端に嫌う性質がある。現行犯逮捕後、赤切符を切って裁判所で簡易裁判を受けて罰金を払わせることをずっと続けること以外に、この問題を解決する方法は皆無だ。
 順法精神の欠如した大阪人には、厳罰で望む以外に手立てはない。(No.3187-2)

|

« 前原がまたもや放つブーメラン | トップページ | 調整が思いつきでは追いつかぬ »

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53851933

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪でマナー求めるだけの無駄:

« 前原がまたもや放つブーメラン | トップページ | 調整が思いつきでは追いつかぬ »