« 担当を外れて拉致に口を出す | トップページ | 政治屋で管理できるの人の金 »

結局は元のきづなが離せない

みんな、幹事長会談に応ぜず=きづなは協議参加へ
 みんなの党の江田憲司幹事長は10日の記者会見で、社会保障と税の一体改革に関する与野党協議に向け、民主党が呼び掛ける幹事長会談について「密室談合ではなく、国会で衆人環視の下、堂々と議論しようということだ。増税協議の呼び掛けに出席するつもりはない」と述べた。
 また、江田氏は「閣議決定もしていない生煮えの案を出すのは前代未聞だ。閣議決定をして与野党協議をしていくのが本来だ」と政府・民主党の対応を批判した。
 一方、新党きづなは同日の幹事会で、与野党協議に応じる方針を確認した。斎藤恭紀政調会長はこの後、記者団に「協議には入るが、増税の前にやるべきことがある。消費増税も含めて反対の立場で議論に入る」と強調した。(以上(時事ドットコム2012/01/10-19:27)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012011000653

 同穴の狢こと新党きづなが、民主党の増税協議に参加することを表明した。
 筋論として、「増税の前にやるべきことがある」とほざいているが、社会保障と税の一体改革に関する与野党協議の議題に、そのような内容が載るなどと思っている方が、おかしいのだ。社会保障と税には、行財政改革や議員定数の話は入っていない。それすら分からない政治屋擬きが新党結成と言っても、単に、政党助成金を搾取するだけの血税の無駄以外の何物でもない。それよりも、みんなの党の江田幹事長の言うように、閣議決定もしていない案を与野党協議に出す民主党の方が、非常識の塊だ。
 増税の前にやるべきことならば、民主党内でやれば良かったことだ。非常識議員の手段である新党きづなは、次期総選挙で日本から民主党と共に消え去って貰いたい。(No.3170-2)

|

« 担当を外れて拉致に口を出す | トップページ | 政治屋で管理できるの人の金 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53711882

この記事へのトラックバック一覧です: 結局は元のきづなが離せない:

« 担当を外れて拉致に口を出す | トップページ | 政治屋で管理できるの人の金 »