« 口出しが好きな民主のご老公 | トップページ | 増税が全国行脚してる無駄 »

前原が自分のことは棚に上げ

増税反対派けん制=民主・前原氏
 民主党の前原誠司政調会長は21日午前、読売テレビの番組に出演し、政府が3月に提出する方針の消費増税関連法案について「昨年末の党の議論は9時間かかったが、最終的には満場一致でまとまった。(採決での)造反は論理的にあり得ない」と述べ、小沢一郎元代表ら党内の増税反対派をけん制した。消費増税をめぐる与野党協議に関しては「衆参がねじれているので、野党の協力がないと(法案が)通らない」とし、法案提出前の協議を引き続き求めていく考えを強調した。 
 一方、民主党の2009年衆院選マニフェスト(政権公約)を自民党などが「総崩れ」と指摘していることについて、前原氏が「マニフェストを取り下げろと言って、取り下げたらできなかったじゃないかと言う。やり方が非常にせこい」と語った。(以上(時事ドットコム2012/01/21-10:56)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012012100106

 言うだけ番長の前原誠司が、テレビ番組で民主党のマニフェスト詐欺は棚に上げて、野党を責めるという、得意の口先介入を行った。
 消費税増税論議について、法案提出前の与野党協議を求めていくとほざいたが、閣議決定もされていない内容を議論しようということ自体、筋が通っていないことが分からない唐変木だ。よく、民主党は「仮定の話にはコメントしない」とほざいて、目先の問題から逃げるのが常套手段だ。閣議決定もされていない法案は「仮定」に過ぎないことすら分かっていないのが、言うだけ番長の真骨頂だろう。また、野党がマニフェストに対して言及したことには、「やり方が非常にせこい」とほざいたが、嘘八百を並べて政権を搾取した民主党は、せこいとかで表現できるレベルではないことをやらかしたという認識はないようだ。例えば、社民党が出したマニフェストなど誰も守れるなど思ってはいない。それは、政権担当していないので、今にも消えそうな政党に国民はマニフェストを遵守することなど求めてはいないし、それが守れないからと言って叱責することもない。民主党だから責められるのだ。
 また、「マニフェスト取り下げ」云々ほざいているが、マニフェストを取り下げることは、まず、騙した国民に対して、解散総選挙で信を問い、マニフェストを守らなくても現状では仕方なかったと国民が考えているか否か白黒はっきりさせるべきだ。(No.3179-2)

|

« 口出しが好きな民主のご老公 | トップページ | 増税が全国行脚してる無駄 »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53786733

この記事へのトラックバック一覧です: 前原が自分のことは棚に上げ:

« 口出しが好きな民主のご老公 | トップページ | 増税が全国行脚してる無駄 »