« 小沢ガールズその内に脱ぎそうだ | トップページ | 前原がまたもや放つブーメラン »

マニフェスト詐欺はお詫びで済まされぬ

八ッ場ダム、マニフェストと異なりおわび…首相
 国会は27日、衆参両院の本会議で、野田首相の施政方針演説に対する各党代表質問を行った。
 首相は、民主党の2009年衆院選政権公約(マニフェスト)で中止を掲げながら、政府が建設継続を決めた八ッ場ダム(群馬県)について、「マニフェストと異なる結論に至ったことは真摯(しんし)に反省し、おわびしたい」と陳謝した。
 27日は、自民党の中曽根弘文参院議員会長や公明党の井上幹事長らが質問した。(以上(2012年1月28日00時53分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120128-OYT1T00075.htm

 財務省の糞・野田佳彦は、マニフェストに反して八ッ場ダム建設継続を決めたことについて陳謝したそうだ。
 しかし、マニフェスト詐欺、政権詐欺の原動力となったマニフェストの撤回をたかが国会での陳謝ぐらいで許されるのだろうか。まだ、八ッ場ダムは、建設地の人達の意向に添ったものだからまだ良かろう。しかし、財務省の糞・野田佳彦が画策している消費税増税は、陳謝して許されるような行為ではない。
 財務省の糞・野田佳彦が本当に真摯に反省するのであれば、消費税増税を口にした時点に遡ってでも、解散総選挙を行い、国民の信を受けていることを明確にしてから、消費税増税法案を提出すべきだ。(No.3186-2)

|

« 小沢ガールズその内に脱ぎそうだ | トップページ | 前原がまたもや放つブーメラン »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53841889

この記事へのトラックバック一覧です: マニフェスト詐欺はお詫びで済まされぬ:

« 小沢ガールズその内に脱ぎそうだ | トップページ | 前原がまたもや放つブーメラン »