« 前原の思考回路はもう破綻 | トップページ | 新党で無罪放免などできぬ »

国民の合意などない消費税

安住財務相:「15年に消費税率10%」目指す
 安住淳財務相は25日のNHK番組で、税と社会保障の一体改革で消費税率の引き上げについて、「ゴールは2015年の10%というのはだいたい合意が得られている」と述べ、15年に税率を10%に引き上げる考えを示した。
 政府は6月にとりまとめた一体改革成案で「10年代半ばまでに段階的に10%に引き上げる」としており、政府・民主党は「13年10月に8%、15年4月に10%」と2段階で引き上げる案を軸に議論を進める方針。安住氏の発言はこれに沿ったもので、政府・民主党は26日から大詰めの議論に入り、年内をメドに消費増税などを盛り込んだ「素案」のとりまとめを目指す。【赤間清広】(以上(毎日新聞2011年12月26日0時52分(最終更新12月26日1時28分)より引用)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111226k0000m010117000c.html

 民主党の嘘吐き閣僚が、消費税率を2015年に10%に上げることは、合意が得られていると、昔の職場であるNHKの番組でほざいたそうだ。
 日本語は、主語を略すことが多いので、この放言も誰と誰が合意したのか分からない。そうやって、誤魔化して民主党は、国民を騙し続けてきた。前提条件である行財政改革・議員定数削減の合意もされないまま、思考回路の欠如したちびっこギャング・安住淳は消費税だけ増税しようと企んでいるのだ。
 民主党は、マニフェストで会計の入れ替えだけで16兆円の金を捻出できると嘯いた。物事の順序も知らない餓鬼に財務相を任せた財務省のブタ・野田佳彦の任命責任を今すぐ問うべきだ。そして、16兆円捻出できないのなら、今すぐ国民に信を問い、それらの嘘がまかり通るのか否か確かめてから、消費税増税を決めるべきだ。(No.3153-2)

|

« 前原の思考回路はもう破綻 | トップページ | 新党で無罪放免などできぬ »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53573648

この記事へのトラックバック一覧です: 国民の合意などない消費税:

« 前原の思考回路はもう破綻 | トップページ | 新党で無罪放免などできぬ »