« マニフェスト以外はぶれぬとほざく野田 | トップページ | 復興の勉強会という早さ »

前原は増えた経費に知らぬ顔

工事中断の2年間で33億円がムダに
 2年間にわたる八ツ場(やんば)ダムの工事中断により、増えた費用負担は少なくとも約33億円にのぼる。
 関東地方整備局によると、一連の騒動で八ツ場ダム建設の是非を再検証した結果、主に建設コストの見直しで、当初計画よりも約22億円を削減したという。しかし、2年あまりの中断で、この額を大きく上回るコストも新たに発生した。
 工事再開にはダム本体工事の入札からやり直さなければならず、完成予定は当初の平成27年度から約3年間の延長が見込まれる。これにより、人件費と工事用道路の維持管理費など新たに約55億円が必要という。
 この結果、中断に伴う増額分は直接的な金額だけで約33億円。民主党の事業仕分けなどでいったん3千万円に減額され、その後、23年度予算で復活した小惑星探査機「はやぶさ2」の開発費(30億円)を上回った。
 国交省では新たに有識者会議も設置され、21年12月以降、全国83のダム事業の必要性を検討。委員9人の委員の報酬は総額約300万円にのぼった。
 今回の再検証では、新たに地滑り対策が必要な場所も判明した。このため、代替地の安全対策などを含め、工事中断による負担増以外に約150億円が多くかかる見込みという。(以上(MSN産経ニュース2011.12.22 23:13)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/111222/trd11122223140025-n1.htm

 民主党の口だけ番長の前原誠司は、現状を直視することすらやらないで、まだ、八ッ場ダム廃止をほざいている。
 単にほざいているのならばよいのだが、まとまりもない民主党の政調会長という立場にいるのだから質が悪い。結局、前原誠司は、国交相時代に、八ッ場ダムの廃止を叫んだだけで、その後の治水はどうするのか、移転済、移転前の現地の人達をどうするのか、と言う善後策は全く打ち出さなかった。止めるなら止めるで、その後どうするかという泥臭い仕事には、前原誠司は見向きもしなかった。その結果が、八ッ場ダム工事再開という結論に、異論を挟んでいるのは口だけ番長の前原誠司だけになっている。それでも、自分の存在意義を誇示するために、まだ、前原誠司は混ぜくり返そうとしている。
 しかし、問題はそれだけではない。八ッ場ダムの工事中断によって、そのまま工事を続けているよりも、数十億円という単位の金が無駄になったことだ。これは、誰が払うのだろうか。まさか、国民の税金に転嫁するなどと言うふざけたことを民主党は考えているのだろうか。これらの無駄は、総て民主党の政治の不備による支出だ。全額、前原誠司の私財で賄って貰いたいし、できないのであれば、民主党の政治資金で賄って貰いたい。前原誠司にすれば、外国人からの献金を積み上げて、外国人だとは知らなかったで事は済むのだ。それ位やらないと、松下政経塾という政治屋の不良品生産設備から生み出された輩の性根は戻らないだろう。
 これまで、前原誠司は、八ッ場ダムを始め、尖閣諸島沖の漁船衝突事故でも、司法当局に責任を押しつけて逃げてきた。民主党も前原誠司の放し飼いはそろそろ止めて、前原誠司に責任を取るとはどういうことか、松下政経塾では習っていない項目を調教すべき時期ではないだろうか。(No.3150-2)

|

« マニフェスト以外はぶれぬとほざく野田 | トップページ | 復興の勉強会という早さ »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53549823

この記事へのトラックバック一覧です: 前原は増えた経費に知らぬ顔:

« マニフェスト以外はぶれぬとほざく野田 | トップページ | 復興の勉強会という早さ »