« 尖閣で逃げた前原口を出す | トップページ | 沖縄を押しつけ逃げる野田の腹 »

仙谷の口に節操などは無い

仙谷氏 問責可決連発は「統帥権干犯」 野党対応を批判
 民主党の仙谷由人政調会長代行は14日、都内で行われたシンポジウムで、野党が参院で一川保夫防衛相ら2閣僚の問責決議を可決したことについて「毎年その戦術を行使するのは統帥権干犯と同じで、政党政治に大きな禍根を残す」と述べた。
 昭和5年のロンドン海軍軍縮条約に関し、当時の野党が「天皇の統帥権干犯」を理由に政府を批判した歴史になぞらえて自民党などの対応を批判した格好だ。仙谷氏は官房長官だった昨年11月、沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件への対応をめぐり問責決議が可決され、1月の内閣改造で退任。その恨み節が炸裂(さくれつ)したようだ。
 また「解散がない参院が内閣に重いパンチを打ち込んでいく制度ははなはだ奇妙で、野党が(問責閣僚が出席する)国会審議に出ないと公言することが常態化すると政治は止まる」と述べ、二院制のあり方や参院改革の必要性を訴えた。(以上(MSN産経ニュース2011.12.14 13:18)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111214/stt11121413200000-n1.htm

 一時期は、仙谷直人とも呼ばれた民主党の妖怪・仙谷由人が、野党の問責決議に対して、「統帥権干犯」なるいちゃもんを付けた。
 それならば、民主党が野党時代に、福田、麻生内閣で総理の問責決議を突き付けたのは、統帥権干犯とは言えないのだろうか。民主党議員は、過去の自分の語録を整理して、ブーメランにならないように気をつけるのが筋だろう。他党には厳しく、自党には優しい民主党政治には、民主党議員が何かを言えば、過去の悪行を暴かれるだけしか能が無いようだ。ちなみに、福田元総理に出された問責理由は「考えていることが見えないため何をしたいのか分からず、国民から見放されている。」、麻生元総理には、「言動に一貫性がなく、国民は呆れている。」だ。その理屈が通ったのだから、野田佳彦は、「マニフェストを実行せずに、消費税を増税しようとしている国民に対する背任行為」で十分問責に値するのではないだろうか。
 年明けの内閣改造で、問責を誤魔化そうとしているだけのようにも見えるが、このスケジュールには、悪意が含まれているとしか思えない。それは、一川保夫に、沖縄に対して辺野古のアセスメントを提出させて、後は、大臣から外れたので知らぬ存ぜぬで逃げようとしていることだ。ルーピー鳩山由紀夫が、少なくても県外とほざきながら、移転先を辺野古に押しつけて、説明責任を果たさないまま、内閣を放り出したのと同じことだ。
 仙谷由人は、まだ、野党が財務省の豚・野田総理に問責を出さないだけでも、ありがたいと思うべきだ。また、政治資金で党内に姿見をあちこちに設置して、自分が今どのような面で話しているのかチェックできるようにすべきだ。(No.3142-2)

|

« 尖閣で逃げた前原口を出す | トップページ | 沖縄を押しつけ逃げる野田の腹 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53490177

この記事へのトラックバック一覧です: 仙谷の口に節操などは無い:

« 尖閣で逃げた前原口を出す | トップページ | 沖縄を押しつけ逃げる野田の腹 »