« 正論の受け皿のない総選挙 | トップページ | 更迭のために内閣改造す »

野田総理死しても増税は残す

14年4月に消費税8%…半年延期、民主が了承
 消費税増税を巡る民主党内の調整は29日深夜、決着した。
 党税制調査会と一体改革調査会の合同総会は、消費税率の引き上げ時期を当初の原案より半年遅らせ、「2014年4月に8%、15年10月に10%」とする野田首相が提示した修正案を了承した。首相は総会で「今、我々が逃げたら、この国はどうなるのか」と消費税増税の必要性を訴え、反対論を押し切った。しかし、消費税率引き上げ関連法案の成立には野党の協力が不可欠で、税率引き上げへのハードルはなお高い。
 民主党は30日午後に政策調査会の役員会を開き、一体改革の原案を決定する。同日の政府税制調査会で政府・民主党案を調整する。政府・与党は、年明けに消費税増税を軸とする社会保障・税一体改革の素案をまとめる。与野党協議を踏まえた上で、一体改革大綱を閣議決定し、3月末までに関連法案を国会に提出する構えだ。(以上(2011年12月30日03時03分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111229-OYT1T00824.htm

 財務省のブタ・野田佳彦は、消費税増税の民主党内の調整と言うよりも、一方的に持論を押しつけて、増税時期と増税率を決定した。
 財務省のブタ・野田佳彦は、「今逃げたらこの国はどうなるのか」と恐喝したが、今、野田佳彦が逃げ出した方が、このまま野田に総理をやらせるよりはマシだという認識はないようだ。「トラは死して皮を残す」という諺があるが、増税法案を通す前だろうが、可決後であろうが、総選挙で国民に信を問えば、民主党議員で何人生き残ることができるかというレベルになるだろう。しかし、増税法案を可決しておけば、例え自民党を中心とする政権になろうとも、自民党も消費税10%を公約で掲げているので、そのまま、消費税増税はできるという財務省の判断だろう。それにしても、消費税増税論議に、主担当である財務相のちびっこギャングの姿が全く見えない。深夜の決着だったのでお子様はお休みの時間だったのかも知れないが、無責任極まりないちびっこギャングと言えるだろう。
 消費税率を2014年4月に行うと言うことは、それまでに解散総選挙が行われることを意味する。民主党議員としては、坐して死を待つか、それとも、党外に逃げ出して一縷の望みを託すかの二者選択を迫られることだろう。(No.3157)

|

« 正論の受け皿のない総選挙 | トップページ | 更迭のために内閣改造す »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53604112

この記事へのトラックバック一覧です: 野田総理死しても増税は残す:

« 正論の受け皿のない総選挙 | トップページ | 更迭のために内閣改造す »