« 老害が巨人人気を地に墜とす | トップページ | 除染費をケチり細野が除染する »

日米で使い分けてる二枚舌

米が発表の野田首相発言、日本政府は否定
 【ホノルル=中島健太郎】12日の日米首脳会談について、米ホワイトハウスが文書で発表した概要によると、野田首相は環太平洋経済連携協定(TPP)交渉について、すべての物品やサービスが対象となる考えを示した。
 米側の発表によると、会談で首相は「TPP交渉への参加を視野に、各国との交渉を始めることを決めた」とオバマ大統領に伝えた。大統領は「両国の貿易障壁を除去することは、日米の関係を深める歴史的な機会になる」と歓迎する意向を明らかにした。
 その上で、大統領は「すべてのTPP参加国は、協定の高い水準を満たす準備をする必要がある」と広い分野での貿易自由化を日本に求めた。首相は「貿易自由化交渉のテーブルにはすべての物品、サービスを載せる」と応じた。
 大統領は首相に、日本のTPP交渉参加に向け、米議会との交渉開始をカーク通商代表に指示すると明言した。同時に、米国内の農業、サービス業、製造業の関係団体との交渉を始める方針も示した。
     ◇
 これに関連し、日本政府は12日、「今回の日米首脳会談で、野田首相が『すべての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せる』という発言を行ったという事実はない」とのコメントを発表した。
 日本側が米側に説明を求めたところ、「日本側がこれまで表明した基本方針や対外説明を踏まえ、米側で解釈したものであり、発言は行われなかった」と確認されたとしている。(以上(2011年11月13日17時38分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111113-OYT1T00394.htm

 TPP交渉に関する日米首脳会議が行われたが、日本政府はアメリカ側の発表内容について噛みついた。
 それは、会談において野田佳彦が、『すべての物品およびサービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せる』と言うことを言った言わないというたわいもないことだった。と言っても、民主党内のTPP賛成派にも慎重派にも都合良く受け取られるような曖昧表現で、記者会見を行った野田佳彦の発言だから、同じような表現で日米会談において話したとすれば、そのように受け取られても仕方がないように思う。
 それは、曖昧さをモットーとする日本とは違い、海外では、Yes、Noで判断されるからだ。日本のようにどちらでも受け取れるようなことは許されないのだ。また、言葉にはしないけど分かってよ、などと言うことも通用しない。あくまでも、論理的な発言が必要なのだ。
 まあ、民主党政権は、鳩山由紀夫の「トラスト ミー」以来、アメリカを裏切り続けている。さて、どじょうの二枚舌がどこまで通用するのやら・・・(No.3111)

|

« 老害が巨人人気を地に墜とす | トップページ | 除染費をケチり細野が除染する »

外交」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53241187

この記事へのトラックバック一覧です: 日米で使い分けてる二枚舌:

« 老害が巨人人気を地に墜とす | トップページ | 除染費をケチり細野が除染する »