« 場所よりも枝葉を決めるのは細野 | トップページ | 逆質問野田でも菅と変わらない »

大臣が駄目で組織が駄目になる

沖縄防衛局長発言、更迭含め厳正対処…防衛相
 一川防衛相は29日、防衛省の田中聡沖縄防衛局長(50)が28日に那覇市で記者団と非公式に行った懇談の中で不適切な発言があったとして、田中氏の更迭を含め、厳正に対処する方向で検討に入った。
 田中氏は28日夜の記者団との懇談の中で、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設に向けた環境影響評価書の沖縄県への提出時期を一川氏が明言していないことについて、女性を乱暴することに例え、「犯す前に(これから)『やらせろ』とは言わない。そんなことをしたら犯罪になる」と発言した。これに対し、沖縄県内などから反発する声が出ていた。政府は、同評価書の提出を12月に控え、影響を最小限にとどめるためにも厳しく対応する必要があると判断した。
 一川氏は29日午後の参院外交防衛委員会で「事実関係をしっかりと押さえる中で厳しい対応をしていきたい。沖縄県民の皆様方には大変心配をかけ、大変な思いをさせたという面で心からおわびを申し上げたい」と述べた。一川氏は29日午後に直接本人から事実関係を聴取したうえで、対応を判断する考えだ。
 藤村官房長官は29日の記者会見で「事実であれば、看過できない発言だ」と述べた。玄葉外相も「仮に事実とすれば言語道断だ。今防衛省が調査している」と語り、発言が事実であれば、重大な問題だとの認識を強調した。(以上(2011年11月29日17時27分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111129-OYT1T00528.htm

 ブータン国王の晩餐会よりも民主党議員のパーティーを優先し、いつ問責決議が出るかと言う刑法犯罪で言えば、容疑者とも言える一川保夫が、沖縄県に対して不謹慎な発言をした沖縄防衛局長の田中聡を更迭を含む処分の検討に入ったと宣った。
 まあ、防衛省トップの防衛相自体が、失言のデーパートであるのだから、部下にその悪影響が及んでも仕方のない面があるように思える。田中聡もだが、民主党の頭に血が上ったお大臣様方は、当事者の気持ちを思うという配慮さえできない輩ばかりだ。そういう意味では、まだ、自民党政権の方がまともだったように思える。
 先の東日本大震災で、自衛隊は八面六臂の活躍をし、今でも除染作業という自衛隊本来の仕事ではない仕事を任務として、無責任民主党政権に押しつけられている。自衛隊が纏まっていたのは、鳩山政権以来継続した北澤俊美前防衛相の下で纏まっていたと言っても良かろう。しかし、どじょう政権になって、小沢一郎を指示する羽田グループということで、不適材不適所の一川保夫に取って代わった。
 しかし、容疑者とも言える一川保夫が、防衛局長の更迭人事を決めるのは、裁判員裁判で泥棒が裁判長になって、人を裁くようなもののような気がする。自民・公明は、一川が決断する前に、今回の事件の道義的責任を含めて、一川の問責決議を出すべきではないだろうか。(No.3127)

|

« 場所よりも枝葉を決めるのは細野 | トップページ | 逆質問野田でも菅と変わらない »

公務員」カテゴリの記事

国防」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53369171

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣が駄目で組織が駄目になる:

« 場所よりも枝葉を決めるのは細野 | トップページ | 逆質問野田でも菅と変わらない »