« 除染費をケチり細野が除染する | トップページ | スパコンの一位に要らぬ天下り »

閣内も一致をしない曖昧さ

農相答弁に慌てる首相…TPPで認識不一致
 野田首相は15日、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加表明後、初の国会論戦となった参院予算委員会で、交渉参加を決断した経過などを説明したが、閣内の認識の不一致や日米間の主張の食い違いなどが浮かび上がった。
 首相は、日米首脳会談で自分が「すべての物品とサービスを貿易自由化交渉のテーブルに載せる」と発言したと米政府が発表したことに関し、「一言も言っていない」と否定した。自民党の山本一太氏は「各国は、日本が交渉参加するとの認識を持っている」と批判したが、首相は「受け止め方は色々ある」と言葉を濁した。
 TPPに慎重な鹿野農相は、首相が交渉参加表明の際、「交渉参加に向けた協議」と述べたことについて、「交渉参加を前提としたものではないと理解している」と答弁。これには、首相が慌てて「交渉に入らないという前提もないし、入るという前提もない」と取りつくろう場面もあり、野党から「閣内不一致では」との声が聞かれた。自由化の例外に関して、首相は国民皆保険制度の維持は明言したが、コメは「農村は守り抜く」とやや抽象的な言葉にとどめた。(以上(2011年11月15日21時50分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111115-OYT1T00985.htm

 アメリカに対して、アメリカ政府が公表した内容にいちゃもんを付けて一蹴された財務省のトリュフ豚こと野田佳彦が、予算委員会で、閣内でも曖昧さが共有されていないことを白日の下に曝した。
 まず、アメリカに対してだが、トリュフ豚は「受け止め方は色々ある」とほざいたが、国際的な交渉で、解釈が分かれるような発言をした自分の責任は全く反省した様子はない。今後、アメリカはアメリカの解釈で交渉を進めるだろうし、日本は曖昧さに徹して、どんどん話が乖離していくだろう。また、鹿野農相ですら一致した見解が示せないこと自体、トリフ豚の独走で、閣僚にすら満足な説明をしていないからだろう。閣僚に説明できない奴に国民に対して説明できる訳がない。さらに、「交渉に入らないという前提もないし、入るという前提もない」などと取り繕ったらしいが、では、日本はどうするのかという質問に対しては、全く答えになっていないのだ。その点で既に野田佳彦は、総理としての資質が無いことを示しており、これ以上、野田佳彦に政権を任せても、日本をおかしな方向にしか向けられないだろう。
 野田佳彦は、「農村を守り抜く」のではなく「農協の既得権益を守り抜く」とはっきり表明したらどうだろうか。農協票を守り抜く、それが本音だろう。(No.3113)

|

« 除染費をケチり細野が除染する | トップページ | スパコンの一位に要らぬ天下り »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53257155

この記事へのトラックバック一覧です: 閣内も一致をしない曖昧さ:

« 除染費をケチり細野が除染する | トップページ | スパコンの一位に要らぬ天下り »