« スパコンの一位に要らぬ天下り | トップページ | 民主党に振り回されるたこフェリー »

除染なら環境省がやればよい

環境省に送られた汚染土、職員が空き地に捨てる
 細野環境相は17日、放射性物質に汚染された土が環境省に送られ、同省職員がこれを自宅に持ち帰って近くの空き地に捨てていたと、記者会見を開いて明らかにした。
 細野環境相は「除去した土壌をむやみに捨ててはならない。除染の先頭に立つべき職員がこのような対応をしたことは許されない」と述べ、職員の処分を検討している。
 同省によると、この土は今月8日、ビニール袋に入った状態で段ボール箱に入れられ、宅配便で届いた。差出人は福島市の男性名で、中には福島市の自宅で採取した土で、環境省で保管・処分してほしいという内容の手紙が同封されていた。
 同省官房総務課で放射線量を測ったところ、80センチ離れたところで毎時0・18マイクロ・シーベルトあったが、線量は高くないと判断し、同課職員が12日に埼玉県内の自宅に持ち帰り、翌日、近くの空き地に捨てた。職員は17日朝、捨てた場所から土を回収したという。
 同省には16日にも同じ筆跡の段ボール箱が届き、開封せずに線量を測ったところ毎時0・10マイクロ・シーベルトを検出。細野環境相に報告して問題が発覚したという。(2011年11月17日13時36分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111117-OYT1T00684.htm

 福島市の男性から、送られてきた除染した土を環境省職員は、自宅近くに捨てたという前代未聞の不祥事を起こした。
 福島市の男性が、わざわざ土を環境省に送りつけたのは、環境省が除染に対してまともな対応をしていないことに対する抗議の印だと私は思う。それでなくても、除染した土砂の中間集積場がようやく決まった状況で、その中間集積場に集めた汚染された土砂の最終処分をどうするかも決めかねている環境省だ。除染した土を捨てた環境省職員は、懲戒免職するのが当然の処分だろう。それとも、福島第一原発内の除染作業をさせても良かろう。これで、厳重注意などというふざけた処分を細野豪志はしないだろう。
 また、環境省は、福島第一原発から20キロ圏内の除染を陸上自衛隊に丸投げした。除染の問題は環境省の最優先課題であるはずだ。それならば、自衛隊などに丸投げせずに、環境省職員が自ら除染作業を行えば良いのであって、霞ヶ関で反っくり返らせて税金で雇うことはない。環境省事務次官以下環境省職員1200名余りを3班に分けて、各班1か月交代で、1ミリシーベルト以上の汚染地域の除染が終わるまで、除染業務に従事させるのだ。そうすれば、余計な人件費も掛からないし、ボランティア任せではなく、環境行政に携わる役人どもが率先して除染をやるという大義名分も立つ。実際に除染作業をやれば、どれだけ大変なことか分かるはずだ。
 細野豪志は、ボランティアのパフォーマンスなどやっている暇があったら、環境省職員を使うことに頭を使うべきだ。(No.3114-2)

|

« スパコンの一位に要らぬ天下り | トップページ | 民主党に振り回されるたこフェリー »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53266284

この記事へのトラックバック一覧です: 除染なら環境省がやればよい:

« スパコンの一位に要らぬ天下り | トップページ | 民主党に振り回されるたこフェリー »