« 離党する民主議員も否決する | トップページ | 自主避難やっと認める文科省 »

ブレーキでないだけマシなのはマツダ

アクセルペダル折れる恐れ=1万5000台リコール-マツダ
 マツダは10日、アクセルペダルが折れる恐れがあるとして、ボンゴと日産自動車、三菱自動車にそれぞれOEM(相手先ブランドによる生産)供給するバネット、デリカの計3車種1万5080台(2010年8月~11年8月製造)のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。
 国交省によると、樹脂製のアクセルペダルの強度が不足している。乗降の際、横方向から足が当たると亀裂が入り、最終的に折れる場合がある。(以上(時事ドットコム2011/11/10-16:40)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011111000708

 マツダは、アクセルペダルが折れる恐れがあるとして、1万5千台余りのリコールを届け出た。
 まあ、ブレーキペダルが折れるのではないだけマシというのがこのリコールだろう。それにしても、マツダはアクセルペダルまで樹脂製にして軽量化を謀っているとは、徹底した軽量化に取り組んでいるとも言える。
 それよりも、マツダは、今も真っ黒な黒煙をまき散らして走るボンゴのディーゼル車のエンジンをリコールして、スカイアクティブに取り替えたらどうだろうか。それとも、関東圏だけでなく、日本全国高公害車のボンゴディーゼルが走行ができなくなるようにするべきだろう。(No.3108)

|

« 離党する民主議員も否決する | トップページ | 自主避難やっと認める文科省 »

川柳」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/53210721

この記事へのトラックバック一覧です: ブレーキでないだけマシなのはマツダ:

« 離党する民主議員も否決する | トップページ | 自主避難やっと認める文科省 »