« 農相が鎖国をしろという署名 | トップページ | 選挙改革社民入れたらまとまらぬ »

支持率に見透かされてる野田総理

政策実行力、内閣の浮沈を左右…支持率55%
 読売新聞社の全国世論調査で、野田内閣の支持率は55%と前回調査から10ポイント下がったが、政府・民主党からは「政権発足時のご祝儀相場の支持率が終わっただけ。問題は今後、支持率を維持できるかだ」(党幹部)との受け止めが聞かれた。
 環太平洋経済連携協定(TPP)参加や復興増税などの主要政策を推進できるかどうかが、野田政権の浮沈を左右しそうだ。
 民主党の輿石幹事長は9日、内閣支持率について、「5割を維持できたのは、国民もまずまずの出足と見ているからだろう。まさにこれから政権の真価が問われる」と述べ、政権の実績を残すための政策実行力が重要との考えを示した。首相周辺は「政権が増税以外に何をするのか、明確に打ち出す必要がある。TPPなどの重要政策に対する首相の指導力発揮も不可欠だろう」と指摘した。
 自民党の田野瀬良太郎幹事長代行は「国民は『野田内閣は期待外れだ』と感じ始めている。次期臨時国会の論戦では、閣僚の問題を追及し、民主党の小沢一郎元代表の証人喚問も強く求めていく」と強調した。
 公明党の山口代表は「首相の腰の低さが支持率の5割維持につながったのだろうが、難しい課題を処理できなければ政権運営はすぐ行き詰まる。復興には協力するが、その他の政策は厳しく指摘する」と述べた。(以上(2011年10月10日01時53分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111009-OYT1T00832.htm

 野田内閣組閣後1か月の内閣支持率が出た。読売だけでなく新聞各紙共に内閣支持率の低下を示している。
 民主党の脳天気なコメントによると「ご祝儀相場が終わった」とのことだが、実際は、民主党三度目の正直の野田内閣も、低姿勢で安全運転をしているかのようだが、その化けの皮が既に剥がれ始めたというのが、この下落に繋がっているのではないだろうか。この1か月野田内閣は、増税路線には一本筋が通っているが、それ以外は、ダッチロールを繰り返しているだけだ。朝霞の公務員宿舎にしても、ご本人は英断を下したつもりでいるのだろうが、そもそも、工事凍結を解除したのは、財務相時代の野田佳彦であり、単なる「マッチポンプ」の茶番劇に過ぎない。また、「政治とカネ」の問題についても、これまでの民主党無能政権を引き継いで、うやむやにすることを見透かされているのだ。
 スピード感も全くないのらりくらりの野田政権がお勉強に費やしている時間はない。内閣支持率が、10ポイントダウンで済んだことは、野田政権が菅内閣よりもまだマシだということと、対抗軸の自民党が党内さえもまとめ切れていない敵失によるものだと考えた方が良いだろう。(No.3077-2)

|

« 農相が鎖国をしろという署名 | トップページ | 選挙改革社民入れたらまとまらぬ »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52954118

この記事へのトラックバック一覧です: 支持率に見透かされてる野田総理:

« 農相が鎖国をしろという署名 | トップページ | 選挙改革社民入れたらまとまらぬ »