« タバコ税僕が僕がという安住 | トップページ | シミュレーション後出しにする原子力 »

民主党代理・副など蚊帳の外

会期延長知らなかった…民主国対幹部3人が辞表
 臨時国会の会期は16日、30日まで14日間、延長された。
 延長をかたくなに拒んできた民主党の輿石幹事長が一転して折れた格好だが、周囲への根回しもない突然の方針転換に、執行部の国会運営の手腕を疑問視する声や反発が党内に広がった。
 輿石氏らへの反発は激しく、同党の松本剛明、加藤公一両国会対策委員長代理、松野頼久国対副委員長の3人は16日、平野博文国対委員長に辞表を提出した。
 「延長するなんて知らなかった。これでは野党との協議なんかできない」
 松野氏はぶちまけた。
 方針の転換を知らされていたのは、平野氏や樽床伸二幹事長代行らに限られていたとみられ、国会の最前線で対野党交渉に当たる松本氏ら3人は「はしごを外された」というわけだ。
 輿石氏に国会を延長するよう説得したのは、前幹事長の岡田克也氏だった。
 今は衆院予算委員会の民主党筆頭理事を務める岡田氏は15日夕、輿石氏に電話し、「このまま強硬路線で走ったら、野党は閉会中審査にも応じない可能性がある。大変なことになる」と伝えた。(以上(2011年9月17日08時36分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110917-OYT1T00182.htm

 民主党の国対委員長代理と副委員長の三名が、輿石と平野の独断で決まった会期延長を知らされなかったとして辞表を提出した。
 実際に、野党と落とし所を求めて最前線で協議をしていた三名に、輿石と平野は後ろから鉄砲を撃ったに等しい背任行為だ。輿石が幹事長になって以来、情報統制・箝口令と情報管理に力を入れているようだが、知るべき人物にも情報を伝えないというのであれば、もう、民主党は組織としての体をなしていないとしか言いようがない。知らなくても良い人物にまでベラベラ喋って、聞いた奴が情報をリークするという体たらくがこれまでの民主党だったが、一転して、民主党独裁政権と言ってもよい状況になったようだ。これで、トップダウンのリーダーシップと考えているのであれば、お門違いも甚だしい。
 国対委員長の平野は「内閣が不完全な状態」と野田内閣が「赤ちゃん状態」であることを曝露したが、一体、日本をどうしようとしているのだろうか。輿石は、日教組が日本の教育を破壊したように、旧社会党の悪弊を平成の世に実現しようとしているとすれば、日本を奈落の底に落とすだけだ。(No.3054-2)

|

« タバコ税僕が僕がという安住 | トップページ | シミュレーション後出しにする原子力 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52753785

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党代理・副など蚊帳の外:

« タバコ税僕が僕がという安住 | トップページ | シミュレーション後出しにする原子力 »