« 沖縄をカネで懐柔するどじょう | トップページ | 衛星が台風よりも怖ろしい »

与党質問で時間を潰す委員会

衆院予算委の質問時間配分、岡田氏の提起不発
 衆院予算委員会は22日の理事懇談会で、26、27の両日行う同委の基本的質疑(計14時間)の時間配分について、与党3時間、野党11時間とすることを決めた。民主党の岡田克也筆頭理事が、配分を見直して与党の時間を4時間以上に増やすよう求めたが、野党の反発を買い、最終的に「前例踏襲」で決着した。
 22日の懇談会では、中井洽委員長(民主)が、「今後は与野党間で時間配分をその都度協議することにしたい」と妥協案を示し、岡田氏を含めて与野党がこれに合意した。
 同委の基本的質疑での与党の持ち時間は、自民党政権下では約6時間だったが、民主党政権で3~4時間弱に短縮されていた。(以上(2011年9月23日00時49分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110922-OYT1T01088.htm

 衆議院の予算委員会の時間配分が決まった。民主党の岡田克也筆頭理事が民主党の質問時間を長くするように画策したが無駄に終わった。
 そもそも、予算委員会審議で、与党の質問時間が必要なのだろうか。審議前に与党内で決着を着けていれば済むことだ。岡田の画策は、ド素人閣僚が失言することを恐れて、野党の質問時間を短くすることだったようだが、どじょう総理が「議論を尽くす」と所信表明している以上、審議時間も予め14時間などと決めずに、デスマッチでお互いの意見が出尽くすまで行うのが、「議論を尽くす」ことではないだろうか。
 それでなくても、総理外遊中1週間国会審議が止まったままだ。ド素人閣僚は、この時間を利用して、官僚のレクチャーを受ければ済む話だ。議論を尽くせば尽くすほどボロが出る内閣であることは、誰もが感じていることだろう。
 これまでの民主党政権では、口先だけの熟議だった。せめて、民主党最期の政権では、国会での熟議というものを見せて欲しいものだ。(No.3060-2)

|

« 沖縄をカネで懐柔するどじょう | トップページ | 衛星が台風よりも怖ろしい »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52806711

この記事へのトラックバック一覧です: 与党質問で時間を潰す委員会:

« 沖縄をカネで懐柔するどじょう | トップページ | 衛星が台風よりも怖ろしい »