« なでしこに男の意地が見せれるか | トップページ | 工程表忘れた頃に考える »

公邸に楊貴妃潜む世紀末

首相も「忍」の一字 海江田氏に不信感露わ
 「俺だってこらえているんだ」。菅直人首相が7月31日夜に江田五月法相らと首相公邸で懇談した際、首相批判を強める海江田万里経済産業相への不信感をあらわにしたことが1日、分かった。
 出席者によると、懇談で海江田氏が7月21日に左手に「忍」の字を書いて参院予算委員会に出席したことが話題になると、首相は「海江田氏も疲れがたまっていたのだろうが、思うところはある。俺だってこらえているんだ。首相執務室に以前から『忍』の字を飾っている」と打ち明けた。「経産省には構造的な問題があり、腹に据えかねることが多々ある。原子力安全・保安院と一緒になって海江田氏を操ろうとしている」とも語った。
 伸子夫人も途中から会話に割り込み、海江田氏が7月29日の衆院経産委員会で即時辞任を求められて涙ぐんだことを「泣くような人に大臣は務まらない。私だったらそんな人とはさっさと別れるわ」とあげつらい、首相に向かって「あなたが泣いたら別れるわよ!」と宣告したという。(以上(MSN産経ニュース2011.8.2 00:55)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110802/plc11080200560004-n1.htm

 歩く国難・菅直人が、未だに死刑について勉強している無免許法相江田五月と懇談している間に、楊貴妃・菅伸子が割っては言ったそうだ。
 楊貴妃は「傾国の美女」と言われているが、菅伸子は「傾国の糞ババア」と言っても過言ではあるまい。忍耐と居座りの日本語の差も分からない歩く国難・菅直人が、何をほざこうとも自己矛盾しているのだ。忍耐というのであれば、委員会・国会審議で野党が納得するまで論破することだ。まともな回答をしないばかりか、頓珍漢な返答で審議時間を費やすだけの奴に「忍耐」という言葉を使って欲しくない。単なる「居座り」に過ぎない。歩く国難・菅直人は、海江田万里が信じられないのであれば更迭すれば済むことだ。それさえできないのが、学級会以下の菅無能政権ではないだろうか。
 なでしこジャパンに国民栄誉賞授与を決めたが、政治利用と言われたくなければ、これまでの前例、女子ソフトボール、ワールドベースボールクラッシックスの優勝となでしこジャパンのW杯優勝がどのような観点が違うのか、歩く国難・菅直人には説明責任がある。といっても、まともな議論のできない歩く国難・菅直人に説明を求めても、時間の無駄以外の何物でもあるまい。
 経済アナリストは、菅無能政権発足以来、どれだけの国益が失われたか経済損失を計算して欲しいものだ。そして、国民はその損失分を歩く国難・菅直人に損害賠償請求訴訟を起こすのだ。
 日本の国益を守るためには、歩く国難・菅直人と楊貴妃・菅伸子を一日も早く公邸から蹴り出すことだ。(No.3008)

|

« なでしこに男の意地が見せれるか | トップページ | 工程表忘れた頃に考える »

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52370699

この記事へのトラックバック一覧です: 公邸に楊貴妃潜む世紀末:

« なでしこに男の意地が見せれるか | トップページ | 工程表忘れた頃に考える »