« 工程表忘れた頃に考える | トップページ | 被災者は原発だけという政府 »

感覚がみんなずれてる民主党

筒井副大臣「不倫」に変な言い訳 「目が悪いから腕を組んで歩いた」
  民主党の筒井信隆農水副大臣(66)が、30歳下女性と不倫していたとの週刊誌の指摘に対し、不可解な弁解をしている。一般常識とズレているとも思えるような副大臣が、汚染牛などの問題に果たして対応できるのか。
  デパートのレストラン街、地下鉄の電車内座席、さらには、東京都内のマンション前…。これが公務多忙な副大臣かと思うほど、女性(36)との腕組みツーショット写真が至る所で撮られている。
「時々なら同せいとは言えない」
  週刊新潮の2011年8月3日発売号によると、筒井信隆農水副大臣は、7月25日夕にJR東京駅改札前で女性と会う姿がキャッチされた。その後、タクシーで行った上野では、繁華街を堂々と腕を組んで歩き、甘味処に入るなどした。そして、地下鉄を使って都内のマンションに2人で帰り、筒井氏が出てきたのは、なんと翌朝だった。筒井氏には、妻と娘2人がいる。女性は、筒井氏と同じ新潟県上越市出身で、同じ弁護士を目指していたという。
  筒井氏は26~30日も、デパート内で女性と腕組みして歩く姿などが目撃され、女性がいるマンションを朝出て夜に帰る生活を繰り返していた。週刊新潮の直撃取材に対し、筒井氏は「プライベートな問題」と当初はコメントしなかったが、31日夜になって、女性のほかに支持者男性も同席して取材に答えた。
  それによると、筒井氏は、女性には健康管理などをやってもらっているとして、男女関係については明確に否定した。
   そして、腕組みについては、目が悪く段差でつまずいて転ぶからと説明した。愛人関係なら公然と腕を組んで歩いたりしないとも主張した。地下鉄でもそうしていたことについては、女性が、状態チェックのためと口を挟んだ。マンションに泊まっていたことについては、筒井氏は、時々なら同せいとは言えないと答えたという。
  しかし、付き添いなら、なぜ泊まらないといけないのかといったことなど、数々の疑問が残る。
地元事務所「疑問は出るかもしれない」
  こうした疑問をぶつけようと、筒井信隆氏の国会事務所に取材すると、秘書が「自分のことではありませんから、私には答えられません。本人からは聞いていませんし、何も指示を受けてないです」と言うばかりだった。筒井氏本人については、「公務で忙しい」とのことだった。
  そこで、地元事務所に聞くと、所長は、週刊新潮が地元発売前で読んでいないとしたものの、筒井氏が泊まっていたことに「疑問は出るかもしれない」と認めた。腕を組んで歩いていたことについても、こう言う。
「前々から目が悪く、10センチまで近づけて見ることもあります。しかし、漠然とでも見えているので、腕をつかんでもらう必要はないかもしれません。目が悪くて、車にぶつかったという話も聞きませんし」
   筒井氏は、女性と会うとき、カモフラージュとも思える行動を取っていた。東京駅では、公用車を降りて、丸の内口から駅構内に入って八重洲中央口に出ていた。入場料130円は、議員パスを使っている。また、マンションを出た後は、いったんホテルのあるタワービルに入ってから、公用車に乗っていた。記事によると、筒井氏は、運動不足などを理由に挙げている。
  前出の所長は、それでも筒井氏の言い分を信じたいと言う。「怪しい関係であれば、もっとコソコソと行動するのではないかと思います」
  もっとも、農水副大臣として汚染牛の問題を抱え、地元でも豪雨被害があったときだけに、頭が痛いと明かす。「今どき堂々と腕を組むなど、脇が甘いとも思います。これから支持者の方からも言ってくるでしょう。大変なときに、うかつなことが出てしまいました…」(以上(J-CASTニュース2011/8/ 3 20:05)より引用)
http://www.j-cast.com/2011/08/03103479.html?p=all

 政治指導で官僚に指示をするだけ能力のあると自負した民主党政権だが、やることは全て後手後手という体たらくの中、農水省三役以下全員無能と言っても過言ではない牛肉汚染を引き起こした元凶である筒井信隆農水副大臣が、不倫したのどうのこうのとワイドショーネタを提供している。
 不倫疑惑と言えば、原子力安全不安院の西村英彦が最近更迭されたが、本来、原発菅災対応に忙しいはずの方が、なぜ、不倫と見られるような行動が取れるだけ暇なのか疑問だ。実際、不倫と見られる行動と仕事とは別だと思うが、週刊誌にスクープされた時間が、西村英彦のように夜中ならまだしも、筒井信隆の場合は夕方というのだから、問題だ。平常時ならば、定時退社で済むことだが、今の非常事態に副大臣が定時退社で済むぐらいの仕事量で事足りるのだろうか。
 そもそも、今の牛肉汚染問題は、全て、農林水産省の対応のまずさとそれを統括している菅無能内閣の責任だ。野菜の暫定規制値を発表した時に、牧草の暫定規制値も決めていたにもかかわらず一般に公表していなかった点だ。さらに言えば、農林水産省が牛の餌に稲わらを使うことすら知らなかったというのだから、監督省庁として無責任すぎる話だ。歩く国難・菅直人は、牛肉の出荷停止の責任は東電に取らせるとほざいているが、ここまで被害を広めたのは、行政の失態だ。当然、役所も民主党政権も責任を取るべき内容だ。しかし、国が責任を取ると言うのは口先だけで、賠償に使うカネは税金で賄うだけで、自分の腹は一切痛まない。それゆえに簡単に「責任を取る」と言えるのだ。役所の責任も、単に、配置換えぐらいで済まさずに、無作為行為による責任は、担当者から総理大臣に至るまで、関連した責任者にも、賠償責任を負わせるべきだ。歩く国難・菅直人など私財没収しても足らないだけ、「責任」という言葉を連発している。
 どうも、民主党政権は、解散総選挙となれば二度と権力の甘い汁を吸うことができないと悟って、今の内に権力を謳歌しようという姿勢にしか見えない。民主党所属議員が責任を感じるなら、歩く国難・菅直人の退陣3条件など関係なく、今すぐ内閣不信任案を出すべきだろう。それが、民主党議員としての良識ではないだろうか。(No.3010)

|

« 工程表忘れた頃に考える | トップページ | 被災者は原発だけという政府 »

川柳」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52386867

この記事へのトラックバック一覧です: 感覚がみんなずれてる民主党:

« 工程表忘れた頃に考える | トップページ | 被災者は原発だけという政府 »