« 献金に触れず障らず立候補 | トップページ | 水戸で折り返したバスがありますか »

菅の責任はこれから暴かれる

菅首相「責任を取ることでは全くない、約束だ」
 菅首相は23日の参院財政金融委員会で、自らの退陣について、「何か間違ったことをしたから責任を取るということでは全くない。民主党内に向けての(一定のメドがついた段階で若い世代に責任を引き継ぐとした発言の)約束を果たすことが、政治家のけじめだと思った」と説明した。
 民主党が子ども手当の存続をアピールする政策ビラなどを配布した問題については「不適切だった。直すべきものは直す姿勢で臨みたい。迷惑をかけた」と陳謝した。(以上(2011年8月24日06時59分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110823-OYT1T00853.htm

 全ての国政の遅延を招いた歩く国賊・菅直人であるが、退陣について引責辞任ではないと言い張った。
 歩く国賊・菅直人を総理から外すことが重要であって、理由は大したことではない。通常の政権であるならば、歴史がその内閣の存在意義を明らかにするが、歩く国賊・菅直人の場合は、歴史的評価など待ってはいられない。1国会議員になった時点で、国会の承認があれば、逮捕・拘束ができるのだ。歩く国賊・菅直人の責任は、司法当局の手で明らかにし、法廷の場でその責任を認定する作業が必要だ。
 それよりも、民主党代表選挙の茶番劇は何とかならないものだろうか?政策論議なしに数集めに終始しているという体たらくは、民主党がある限り続くのだろうか?国民不在の代表選挙ならば、新代表選出と共に、党名を「党主党」に変更したら如何なものだろうか。(No.3031)

|

« 献金に触れず障らず立候補 | トップページ | 水戸で折り返したバスがありますか »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52562020

この記事へのトラックバック一覧です: 菅の責任はこれから暴かれる:

« 献金に触れず障らず立候補 | トップページ | 水戸で折り返したバスがありますか »