« 震災中寝ようとしてた菅直人 | トップページ | 献金に触れず障らず立候補 »

前原は疑惑まみれで出馬する

前原前外相「国のために」民主代表選出馬へ
 菅首相(民主党代表)の後継を決める民主党代表選で、前原誠司前外相(49)は22日夜、東京都内のホテルで自らのグループの幹部と協議し、立候補する決意を表明した。
 前原氏はいったん不出馬の意向を固めていたが、グループ内で出馬を求める声が相次いだため、方針転換した。
 菅政権をこれまで支えてきた党内「主流派」からは、前原氏のほか、すでに野田佳彦財務相(54)も立候補の意思を固めており、代表選の構図は一変することになる。
 前原氏とグループ幹部の協議には、仙谷由人党代表代行(官房副長官)や福山哲郎官房副長官らが出席。この場で、前原氏は「日本の国のために、出馬することに決めた」と述べた。23日夕に国会内でグループの総会を開き、正式表明する。
 幹部協議に先だち、前原氏は都内で野田氏と直接会談した。立候補する考えを伝えたものとみられる。
 野田氏は22日夜、都内で輿石東参院議員会長らと会い、「前原氏がどう判断したとしても、自分は絶対に出る。推薦人20人も大丈夫だ」と明言した。野田氏の陣営は同日深夜、都内で協議し、野田氏の出馬に向けた準備を加速させることを確認した。(以上(2011年8月23日03時01分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110822-OYT1T01178.htm

 在日外国人献金問題を外相辞任で誤魔化した前原誠司が、民主党代表選に出馬することを決めたらしい。
 菅無能政権の外相は辞任したが、献金疑惑に対して何も説明責任を果たしていないのが前原だ。他党に厳しく、党内に優しいを党是とする民主党内におかしいという反応すらないのは、既に民主党は政党としての体をなしていないからだろう。前原本人からすれば、辞任から5か月も経って、総理に相応しい人の世論調査でもダントツの1位で自分の派閥からも推されているという論理だろうが、そのようなことが許されるべきではない。しかし、今の民主党内の情勢を見ると前原が立てば、前原が次期総理になる可能性はかなり高いだろう。
 反省が無いのは、前原に限ったことではない。政権を投げ出した鳩山由紀夫にしても、フィクサー気取りなのだから、民主党はどうしようにもない。野党・マスコミは、前原が総理誕生後を見据えて、献金疑惑以外の前原のスキャンダルの洗い出しに懸命らしい。総理就任後の臨時国会では、被災地復旧・復興よりも、前原の疑惑追及の場になることは自明なことだ。
 民主党としても、前原以上の輩はいないようだから、最後の恥さらしに丁度良いのではないだろうか。それにしても、マニフェスト詐欺で政権交代を果たしたが、被災地復旧・復興そっちのけで、政治ごっこに明け暮れる民主党を選んだ国民に対する報いはまだまだ続くのだ。(No.3029)

|

« 震災中寝ようとしてた菅直人 | トップページ | 献金に触れず障らず立候補 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

選挙」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52546358

この記事へのトラックバック一覧です: 前原は疑惑まみれで出馬する:

« 震災中寝ようとしてた菅直人 | トップページ | 献金に触れず障らず立候補 »