« 官僚は子供だましもできない愚 | トップページ | サントリー韓国ならば潰れてる »

菅直人復興よりもまずメンツ

「復興ビジョン、首相に握りつぶされた」 松本健一内閣官房参与が激白
 『松本健一内閣官房参与は18日までに産経新聞社のインタビューに応じ、仙谷由人官房副長官が中心となり東日本大震災の「復興ビジョン私案」を3月中に作成したが、菅直人首相はいったん了解しながら最終的に握りつぶしたことを明らかにした。
 首相はその後肝いりで「復興構想会議」(議長・五百旗頭真防衛大学校長)を発足させ、会議は6月25日に提言をまとめたが、松本氏は「提言に私たちの案を超える内容は一つもなかった」と打ち明けた。
 首相は「仙谷氏が脚光を浴びるのは面白くない」と考え私案を握りつぶしたようだが、これにより復興施策は大幅に遅れた公算が大きい。松本氏は「首相は自分が脚光を浴びつつ『よくやった』と喝采されたいところがある。国民の方を基本的に向いてこなかった」と指摘した。
 また、松本氏は「復興の財源確保にあたっては被災者からもあまねく税をとるやり方はダメだ」と復興税の導入に反対したが、首相は「財務省がうんと言うかなあ」と聞き入れず、復興税に固執したことなども証言した。』(以上MSN産経ニュース2011.8.18 23:59)より部分引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110819/plc11081900010000-n1.htm

 歩く献金疑惑・菅直人の悪行が、松本健一内閣官房参与より曝露された。
 これで、歩く献金疑惑・菅直人が、被災地復旧復興の足を引っ張り、少なくとも、自分がやったというセレモニーのために3か月復興を遅らせたことが明らかになった。被災地の復旧復興と言いながら、復旧復興に関わることは何一つとして、お役所の平常業務と同じ事務処理をさせ、省庁の縦割りによる弊害を取り除いたこともない歩く国難・菅直人だ。どちらかと言えば、総理の座に居座るための方便で「被災地」を利用していたに過ぎない。これを総理辞任で許されるべきものだろうか。
 歩く国難・菅直人は、総理を辞めたら、震災など何処吹く風とばかりに、お遍路というパフォーマンスに出ることだろう。そのような罰当たりなことを許して良いのだろうか。歩く国難・菅直人には、これまでにも複数の告訴状が出ている。総理辞任後には、公邸にも帰らせることなく身柄を拘束し、これまでの悪行三昧を全て暴き、法的制裁をまず受けさせるべきだ。(No.3025-2)

|

« 官僚は子供だましもできない愚 | トップページ | サントリー韓国ならば潰れてる »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52513514

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人復興よりもまずメンツ:

« 官僚は子供だましもできない愚 | トップページ | サントリー韓国ならば潰れてる »