« 見せブラもビキニと思うクールビズ | トップページ | 本当に嫌われている菅直人 »

政権は何をやっても順不同

原発の新安全基準で統一見解発表…政府
 政府は11日、全国の原子力発電所を対象にした安全性の新基準に関する「政府統一見解」を決定した。
 新たな安全評価を2段階で行う。定期検査で停止中の原発の運転再開については、想定を上回る現象に対し、どの程度安全上の余裕があるかを評価し、その結果をもとに可否を判断するとした。
 具体的な検査項目は今後、内閣府の原子力安全委員会が決めるとしており、運転再開の時期はなお不透明だ。
 新基準は、菅首相と枝野官房長官、海江田経済産業相、細野原発相が同日午前、首相官邸で詰めの協議を行い、枝野氏が記者会見で発表した。
 安全評価は、〈1〉定期検査で停止中の原発の運転再開を判断する1次評価〈2〉運転中の原発の継続・中止を判断する総合的な2次評価―の2段階で行う。
 定期検査中の原発に対しては、1次評価として、運転再開の判断にあたり、安全上重要な施設などが設計上の想定を超える現象に対し、どの程度安全上の余裕があるか(「安全裕度」)を評価するとした。2次では、欧州諸国が導入したストレステスト(耐性検査)を参考に、従来の安全基準より厳しい基準で総合的に可否を判断するとした。(以上(2011年7月11日11時35分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110711-OYT1T00310.htm?from=top

 歩く国難・菅直人の撒いたストレステストが、ようやく終息に向けて政権内の意見調整が付いたようだ。
 しかし、原発の安全性の新基準について、菅首相と枝野官房長官、海江田経済産業相、細野原発相というド素人集団の密談で決めて済む話だろうか。政治決断と言えば、聞こえがよいが、技術的内容を政治屋だけで決めていいのだろうか。そもそも、原発再開については、1.原子力安全不安院の解体、2.原子力村所属者の責任追及、3.政府の新原発管理体制の確立、4.想定外の想定、5.安全基準の再設定の順で行われるべき内容だろう。それを歩く国難・菅直人は、浜岡原発を停止させる際に、今まで通りの安全基準で「他の原発は安全」と言い切った。それが、海江田経産相が玄海原発の再開に向けて、自治体の長を説得した時点で、「ストレステスト」などとほざきだした。より安全にと言えば何でも通じると思っているのが歩く国難・菅直人だ。それならば、少なくとも玄海原発再開に向けた政府のアクションを起こす前に言うのが筋だ。
 と言っても、筋論など屁とも考えていないのが歩く国難・菅直人だ。被災地のがれき処理は、8月中旬と大見得を切ったが、被災後4か月経って34%程度しかがれき撤去ができていないという。残り1か月半でがれき撤去が終わるとも思えないし、終わらせるために歩く国難・菅直人が、何か努力をしているようにも見受けられない。言い放しで約束を守る努力もやらない輩に総理をやらせたままにして、花道云々と模索している民主党の不作為行為だ。
 がれき処理一つ取っても、公約が守れないと分かった時点で、責任を取って辞任するのが筋だ。口から出任せの責任など聞き飽きた、民主党は今すぐ歩く国難・菅直人の詰め腹を切らせるか座敷牢にぶち込むかの選択を行うべきだ。(No.2988-2)

|

« 見せブラもビキニと思うクールビズ | トップページ | 本当に嫌われている菅直人 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52178316

この記事へのトラックバック一覧です: 政権は何をやっても順不同:

« 見せブラもビキニと思うクールビズ | トップページ | 本当に嫌われている菅直人 »