« なでしことお前は違う菅直人 | トップページ | 聞かれては困るレベルと言う枝野 »

ダイハツの括弧書き無い低燃費

燃費4割向上、HV並み軽自動車 ダイハツ、9月発売
 ダイハツ工業は19日、エンジンの改良や軽量化で燃費を約4割向上させる新技術を開発したと発表した。搭載した新型の軽自動車を9月に発売する。1リットルで30キロ走り、ハイブリッド車(HV)並みの低燃費と80万円を切る低価格が売りだ。各社が注力するエコカー競争は、さらに激化しそうだ。
 新技術は「イース(e:S)テクノロジー」。同等サイズの現行車に比べて、燃焼効率向上などエンジンの改良で14%、車体合理化など約60キロの軽量化で5%、空気抵抗などの低減で3%、停車直前のアイドリングストップで10%、と燃費向上につながる既存技術の改善を組み合わせた。
 新技術を搭載した新型軽自動車は、国の新たな燃費基準でガソリン1リットルあたり30キロ走行を達成。ガソリン車では国内最高水準の燃費で、トヨタ自動車のHV「プリウス」(新基準で32キロ)にほぼ並ぶ。価格は「最も安いタイプで80万円を切る設定」にして、軽自動車の強みを生かす。
 技術担当の福塚政広・上級執行役員は「低燃費、低価格、省資源を徹底追求した。HV、電気自動車(EV)に次ぐ第3のエコカーとして、軽自動車の存在意義を確立する切り札となる」と話す。(以上(朝日新聞2011年7月20日5時2分)より引用)
http://www.asahi.com./car/news/OSK201107190147.html

 ダイハツから、新燃費基準でリッター30キロの「イース」の発売を9月から始めることの発表があった。
 ダイハツのプレスリリースも見たが、旧燃費基準である10・15モード燃費のデータは記載されていなかった。燃費基準も旧燃費基準から新燃費基準のJC08モードへの移行期間なので、双方を記載してよいと言うのが、国交省の規定だ。良識ある会社であれば、新しい基準のJC08モードの数字を前に出すのが普通だろう。10・15モード燃費のリッター30キロを大々的にCMで謳い、画面の向かって左下に小さく25キロとJC08モードの数字を出しているマツダとは、大違いだ。ダイハツは、JC08モードでリッター30キロをガソリンエンジンで実現したことをもっと宣伝しても良いのではないだろうか。
 現状では10・15モード燃費の数字を出しても何の法律的な縛りもないが、それだからと言って、時代遅れの数字で「デミオ」の宣伝を繰り返すのも姑息としか言えないだろう。(No.2996)

|

« なでしことお前は違う菅直人 | トップページ | 聞かれては困るレベルと言う枝野 »

エコ」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

悪徳商法」カテゴリの記事

自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52257618

この記事へのトラックバック一覧です: ダイハツの括弧書き無い低燃費:

« なでしことお前は違う菅直人 | トップページ | 聞かれては困るレベルと言う枝野 »