« 二次補正こんな中味でなぜ揉める | トップページ | 韓ドラを見たくなければ消せばよい »

質問が頓珍漢な自民党

「13年の衆参ダブル選でいい」…首相が答弁
 菅首相は26日午前の衆院東日本大震災復興特別委員会で、次期衆院選に関連し「マニフェスト(政権公約)の見直しをするなら衆院を解散しろというのは理解できない。私は(2013年に参院選と一緒に行う)ダブル選挙でいいと思っている」と指摘したうえで、「4年間政権がやったことを国民に判断してもらう時期が来るので、何が何でも早く解散というのは、国民の気持ちとかなり離反していると思う」と語り、早期の衆院解散を明確に否定した。
 自民党の額賀福志郎氏の質問に答えた。
 首相はその理由として、「まずやるべきことは震災の復旧・復興と、(福島第一)原子力(発電所)事故の収束だ」と説明した。
 この首相の発言に対し、自民党の石原幹事長は同日の記者会見で「辞める(と表明した)首相が、いつ選挙をやるということに言及しても意味がない」と不快感を表明した。
 与野党では、首相が「脱原発」への慎重論者を抵抗勢力に見立て、衆院解散に打って出るという「脱原発解散」説がくすぶっている。(以上(2011年7月26日11時54分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110726-OYT1T00303.htm

 自民党の額賀が、次期総選挙についてアホ丸出しの質問を歩く国難・菅直人にやったようだ。
 歩く国難・菅直人の「13年衆参ダブル選挙」という回答に、菅無能内閣でダブル選挙などと一言も触れていないのだ。額面通りに取れば、歩く国難・菅直人は、解散権を振りかざさずに総辞職して、その後も、民主党政権を続けると言っているだけではないか。何時解散・総選挙をやろうとも、これまでの民主党政権の悪行三昧を見る限り、民主党政権は永遠に終わりを告げて二度と政権を取ることなどできないだろう。歩く国難・菅直人は、散々迷惑を掛けた民主党議員に対して、少なくとも衆議院の任期一杯、民主党政権を維持して一人でも多くの大臣経験者を作りたいというのではなかろうか。
 自民党もくだらない質問を続けるよりも、次に政権を取るための努力を見せたらどうだろうか。しっかり野党が板に付き、昔の歩く国難・菅直人がほざいたのと同じレベルのことをやっているだけだ。それ故に、民主党の支持率が撃沈状態であるにも関わらず、自民党の支持率もどんぐりの背比べ状態が続いているのだ。要するに、民主党政権が駄目でも、自民党政権を世論は望んでいないのだ。
 自民党は、歩く国難・菅直人に何時解散・総選挙をするかなどと言うくだらない質問をするよりも、何時解散・総選挙になっても、政権が担えるように準備ぐらいしたらどうだ。(No.3002)

|

« 二次補正こんな中味でなぜ揉める | トップページ | 韓ドラを見たくなければ消せばよい »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

自民党」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52314668

この記事へのトラックバック一覧です: 質問が頓珍漢な自民党:

« 二次補正こんな中味でなぜ揉める | トップページ | 韓ドラを見たくなければ消せばよい »