« 今頃になって政府がしゃしゃり出る | トップページ | 見せブラもビキニと思うクールビズ »

ほざくだけほざいて逃げる菅直人

菅政権迷走に厳しい批判相次ぐ…全国幹事長会議
 民主党は9日、党本部で全国幹事長・選挙責任者会議を開いた。出席者からは九州電力玄海原子力発電所の再稼働をめぐる混乱など菅政権の迷走に厳しい批判が相次ぎ、菅首相(党代表)や党執行部の求心力低下を改めて浮き彫りにした。
 「私の不十分さもあって、地域の中でご苦労いただいている」
 会議の冒頭、首相は神妙な表情でこう語り、自らの退陣問題などを巡る混乱が地方組織への逆風となっていることを認め、陳謝した。
 ただ、退陣時期については「東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の問題について一定のメドがたった段階で、若い世代に責任を譲りたい」と、従来の言い回しを繰り返した。「最後の最後の1秒まで全力を挙げて責任を果たす覚悟だ」とも語り、あいさつを終えると質問を受けることもなく退席した。
 会議の中で、出席者から首相の退陣要求が噴出することはなかった。
 岡田幹事長が先手を打つ形で、8月31日の延長国会会期末までに首相が退陣して新体制に移行するという前提で今後の党運営などについて説明し、それ以上の居座りは許さないという姿勢を鮮明にしたからだ。
 首相の退席後、「首相がいると話しにくいというわけではないんですけど」と切り出した岡田氏は、特例公債法案、2011年度第2次補正予算案、再生可能エネルギー特別措置法案の「退陣3条件」に早急にメドをつける考えを示し、第3次補正予算案の編成は「新体制の下でやる」と言い切った。(2011年7月10日00時56分  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110709-OYT1T00668.htm

 歩く国難・菅直人は、民主党の全国幹事長会議の冒頭で言いたい放題ほざいただけで、幹事長会議から逃げ出した。
 少なくとも、歩く国難・菅直人は、菅無能政権の総理である前に民主党代表だ。まるで、来賓のような態度がよく取れるものだと甚だ感心する。歩く国難・菅直人は、何処でも、自分の言いたい放題放言しただけで、質問に対しても真摯に答えることをしない。人の言い分には、聞く耳を持っていないのだ。このような輩を民主党はまだ支えるとでも言うのだろうか。岡田克也は、歩く国難・菅直人が逃げ出した後で、「退陣3条件」を提示したらしいが、党代表として、全国の幹事長の意見も聞かずに逃げ出した奴の花道を作ることにご執心らしい。これこそ、政治の無駄というものだ。
 ちなみに、この日(9日)の歩く国難・菅直人の動静は、この挨拶を行った後は、公邸に引きこもっていたそうだ。人の意見を聞かないトップに花道など要らない。今すぐ辞めさせるべきことには変わりない。(No.2987)

|

« 今頃になって政府がしゃしゃり出る | トップページ | 見せブラもビキニと思うクールビズ »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52166846

この記事へのトラックバック一覧です: ほざくだけほざいて逃げる菅直人:

« 今頃になって政府がしゃしゃり出る | トップページ | 見せブラもビキニと思うクールビズ »