« 法廷の前に喚問したい菅 | トップページ | 新人の民主議員のサボリ癖 »

菅直人記者を集めてツイッター

「脱原発」は政府見解ではない…首相釈明
 菅首相は15日午前の閣議後の閣僚懇談会で、将来的な「脱原発」方針について、政府見解ではなく、個人としての考えを披瀝(ひれき)したものだと釈明した。
 閣僚への説明は、中野国家公安委員長の抗議を受ける形で行われ、独断で方針表明したことを自ら認めた。首相は来週早々に、自らが本部長を務める原子力災害対策本部などを開いて意見調整に入る意向だが、閣僚からは早くも反対論が提起され、閣内の不統一ぶりが深まっている。
 閣僚懇談会では、中野氏が「首相は(13日に)原子力に関する見解を発表したが、閣僚は話を聞いていない」と説明を要求。首相は「今日までの経緯を含め、総合的にこの辺りで国民に方向性と自分自身の決意を述べておく時期ではないかと考えて記者会見した」と語り、「個人の考え」の表明だったとした。(以上(2011年7月15日13時17分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110715-OYT1T00487.htm

 13日に、歩く国難・菅直人は、記者会見を開いたが、その内容は政府見解ではなく、歩く国難・菅直人の思いつきを呟いただけだった。
 それを暴いたのは、閣僚懇談会の席だが、誰一人としてその説明に対して突っ込んだ奴はいないようだ。閣僚全員を無視して、あたかも政府見解と思わせるような記者会見を開いたのだ。全閣僚が辞表を出してもおかしくはない。それができない菅無能政権の閣僚もまた、官邸に居座るがれきでしかない。
 国民は何を信じて居ればよいのかも分からない無政府状態だ。歩く国難・菅直人の教訓は、国民の意思によって総理を取り替えられるように法改正が必要だと言うことのようだ。(No.2992-2)

|

« 法廷の前に喚問したい菅 | トップページ | 新人の民主議員のサボリ癖 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52213746

この記事へのトラックバック一覧です: 菅直人記者を集めてツイッター:

« 法廷の前に喚問したい菅 | トップページ | 新人の民主議員のサボリ癖 »