« 再エネ法菅のためなら筋違い | トップページ | なでしこに男の意地が見せれるか »

被災地の代弁さえもせぬ安住

「立派なこと言うが泥かぶらない」 安住国対委員長が被災地知事を批判
 民主党の安住淳国対委員長は30日、テレビ東京の番組に出演し、東日本大震災被災地の知事に対し「立派なことは言うけど、泥はかぶらない」などと強く批判した。菅政権では松本龍前復興担当相が宮城県知事らに「知恵を出さないやつは助けない」などと発言し引責辞任した経緯があり、問題になりそうだ。
 安住氏は「(自治体は)増税をしないのだから、地方自治体の首長は都合がいい」「(県は)国からお金をもらい、自分は言いたいことを言い、できなかったら国の責任にすればいい」などと指摘。さらに「(なんでも)国会議員がやれ、無駄削減も国会議員がやれという」と述べた。復興・復旧の財源確保でも「増税は国に任せる仕組みを何とかしないといけない」と、国と地方の関係見直しにも言及した。安住氏は被災地の宮城県石巻市などを抱える衆院宮城5区選出。(以上(MSN産経ニュース2011.7.30 13:28)より引用)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110730/stt11073013290002-n1.htm

 安住淳が、大震災被災地の知事をテレビで堂々と非難した。
 つい最近、松本龍がとんでもないことを言って辞任したばかりだが、安住淳は、宮城県選出の議員というのだから始末に負えない。まあ、自分たちで選んだ大バカものだから自業自得と言えばそれまでだが、このような事態で地元のために汗を流さず、上から目線で好き勝手放言していることを有権者は忘れてはならない。また、先の内閣不信任決議時に、安住淳は被災地の状況も考えずに、不信任が可決されると「総理に解散を進言する」と言ったことも忘れてはならない。国会議員は、地元に利益誘導をしてはならない国全体を考えるべき立場だと思うが、今の震災復旧・復興は、地元への利益誘導でも何でもない。被災者が生きるための施策だ。
 そもそも、知事からこのように言われるのはなぜか考える頭も、安住淳には無いようだ。がれき撤去一つ取っても、歩く国難・菅直人は、金は後から出すからどんどん自治体でやってくれと丸投げしているではないか。さらに、費用請求の方法は、平常時と変わらないだけ、書類の山を作らなければ払わないというのだから、当然、知事の発言はもっともなことだ。阪神淡路大震災の時と比較をすれば、規模が違うと言い逃れするが、何一つ取っても、阪神淡路大震災の時よりも早く手を打った施策は皆無だ。全て遅すぎるし、手続きを簡略化も全くしていない。自分たち菅無能政権と民主党執行部の無能を棚に上げて、逆ギレする安住淳など政治屋としての資格すらないと言えるだろう。テレビ番組に出演する暇があるのならば、もっと、被災地のための仕事があるはずだ。
 安住淳は、今回の発言の責任を取って国対委員長だけでなく国会議員も辞職するのが筋だろう。辞任しなければ、歩く国難・菅直人を支える安住を菅直人は、支える振りを続けて、庇いきれなくなるといきなりハシゴを外すことだろう。(No.3006)

|

« 再エネ法菅のためなら筋違い | トップページ | なでしこに男の意地が見せれるか »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52352422

この記事へのトラックバック一覧です: 被災地の代弁さえもせぬ安住:

« 再エネ法菅のためなら筋違い | トップページ | なでしこに男の意地が見せれるか »