« しゃしゃり出る金には糸目付けぬ菅 | トップページ | 自民党対抗軸にならぬ筈 »

菅よりはマシだと鳩を思うだけ

「親小沢」で再建=締め付けに不満も-鳩山グループ
 菅内閣不信任決議案への対応をめぐり確執が生じた民主党の鳩山グループ。鳩山由紀夫前首相はグループの立て直しに懸命で、首相就任の際に退いていた会長職に6月末に復帰した。グループ幹事長に松野頼久元官房副長官、筆頭副会長に川内博史衆院議員をそれぞれ起用し、体制を刷新。松野、川内両氏は小沢一郎元代表と近く、鳩山氏としては「親小沢」路線を鮮明にして結束を強化したい考えだ。
 「国民のために本気で勝負を懸けて、政治を取り返さないといけないときだ」。鳩山氏は14日のグループ会合でこう強調した。
 内閣不信任案に鳩山氏は一時賛成する意向を示したが、前会長の大畠章宏国土交通相や前幹事長の中山義活経済産業政務官らが真っ向から反対。さらに、鳩山氏側近だった小沢鋭仁元環境相は新グループを結成し、党代表選出馬を表明した。鳩山グループ「崩壊の危機」もささやかれていた。
 こうした情勢を踏まえ、松野氏はグループ役員に、党代表選などで鳩山氏と行動を共にするよう要求。他のグループの役員を兼務することを認めないとも伝えた。
 当面の焦点は「ポスト菅」選びへの対応で、グループ内には、鹿野道彦農林水産相や、所属する海江田万里経済産業相らを推す声がある。鳩山氏は「小鳩ライン」を確立し、再び党内で影響力を発揮したい考えのようだ。 
 しかし、露骨な締め付けにグループ内には不満がくすぶる。中山氏は14日のBS番組で「あんまり一つの方針で純化するのは、鳩山さん本来の生き方とは違う」と指摘した。党内では世代交代の機運も高まっており、鳩山氏にとっては正念場だ。(以上(時事ドットコム2011/07/16-15:05)より引用)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011071600225

 歩く国難・菅直人が、政権にしがみついていることをよいことにして、ルーピー鳩山が動き出した。
 自分がやったことは忘れるというのが、民主党議員共通の理念らしい。それは、歩く国難・菅直人に比べれば、ルーピー鳩山由紀夫はまだマシと言うだけで、国民は誰も、鳩山由紀夫の再登板など望んではいない。マニフェスト詐欺の権化は、鳩山由紀夫だ。それが、総理を辞めると政界から引退するなどとほざいていながら、このようなざまだ。それから、民主党が政権を取って以来、分かったことは、人材が全くいない烏合の衆という点だ。菅無能政権の閣僚にしても、自分たちに相談もなく記者会見を開いた歩く国難・菅直人に対する対応でも、単に、「個人の思い」と言わせただけだ。もっと、突っ込んで責任論議を閣議でやるべきではないだろうか。与謝野馨にしても、好き勝手ほざいているだけだ。
 あるブログを読むと、民主党を選んだのは国民だから、責任は国民にあるという正論が書かれていた。確かに選んだのは国民だ。しかし、民主党がマニフェスト詐欺によって国民を騙して得た政権だ。これまでも、選挙公約と言えば話半分というのが常識だった。しかし、それを180度転換することまでは、自民党政権はやらなかった。それを糾弾することがいけないことなのだろうか。(No.2994)

|

« しゃしゃり出る金には糸目付けぬ菅 | トップページ | 自民党対抗軸にならぬ筈 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52227994

この記事へのトラックバック一覧です: 菅よりはマシだと鳩を思うだけ:

« しゃしゃり出る金には糸目付けぬ菅 | トップページ | 自民党対抗軸にならぬ筈 »