« 少女時代(ソニョシデ)の中味に変わりあるじゃなし | トップページ | 常識があると思っている直人 »

岡田には大連立が免罪符

大連立に国民新、公明も視野…岡田幹事長
 菅首相の退陣後の大連立をめぐる議論は、与野党双方で6日も続いた。
 民主党の岡田幹事長は国民新、公明両党にも参加を呼びかける意向を表明、連立の枠組みをめぐる議論が活発化した。
 岡田氏は6日の記者会見で、「国民新党、公明党など他の政党も視野に入れて連立を組むことを大連立と言っている」と述べ、自民党以外とも協議を進める考えを示した。さらに、大連立の期間について「長くても次の衆院選まで」と語り、取り組む課題として東日本大震災の復興、社会保障と税の一体改革、選挙制度改革を例示した。
 後継を選出する党代表選については「(党員・サポーターによる代表選は)常識的には非常に考えにくい」と述べ、両院議員総会で選出する方針を明らかにした。鳩山前首相も大阪市での講演で「自民党、公明党ともタッグを組んだ協力関係の中で、(復興を)迅速に処理しなければならない」と述べ、公明党を含む大連立に前向きな考えを示した。(以上(2011年6月7日03時03分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110606-OYT1T01203.htm

 幹事長になって以来、不戦敗を含む連敗記録を誇る岡田克也が、大連立をほざき始めた。まるで、これまでの悪行三昧を忘れて、自分の生き残りを賭けているかのようだ。
 国賊・菅直人と並ぶ大罪人と言っても過言ではない岡田克也を「大連立」というお祭り騒ぎに乗じて、許してもよいのだろうか。菅無能政権を支えて、党内の言論統制さえ行ってきた岡田克也が、次の大連立でも旗振りできるとすれば、これほどおかしな政党など無い。単に、国賊・菅直人の打ち首にして、シャンシャンでは済まない。菅無能政権を支えてきた一族郎党もそれなりの処分をして、新しいスキームである「大連立」とやらに進むのなら分かるが、これまでの悪行を忘れて、みんなで震災対応をやっていきましょうなどと「被災地」を枕詞にして、被災地を蔑ろにしてきた民主党執行部をそのまま横滑りさせることなど断じて許されるものではない。
 震災に乗じたどさくさ紛れに、自分たちのやりたい放題をやってきた菅無能政権と民主党執行部に対して、「大連立」が免罪符であっては決してならない。(No.2954)

|

« 少女時代(ソニョシデ)の中味に変わりあるじゃなし | トップページ | 常識があると思っている直人 »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51878583

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田には大連立が免罪符:

« 少女時代(ソニョシデ)の中味に変わりあるじゃなし | トップページ | 常識があると思っている直人 »