« 非常時に夜遊びできる保安院 | トップページ | 反菅に頭を使え自民党 »

生き残り賭けた思惑一致する

大幅改造、亀井氏が進言=首相「検討する」-復興相任命27日の方向
 菅直人首相は23日夜、今国会の会期が8月31日まで延長されたことを受け、国民新党の亀井静香代表と首相官邸で会談した。亀井氏は、東日本大震災からの復旧・復興に向けて「内閣を思い切って強化する必要がある」として、復興基本法の24日施行に伴う復興担当相人事に合わせて内閣を大幅改造するよう進言。亀井氏によると、首相は「しかと検討する」と応じた。首相は27日に人事を行う方向だ。
 首相と亀井氏は会談で、復旧策を追加する2011年度第2次補正予算案や震災復興に「万全の思い切った対応を取る」ことで一致。首相が意欲を示す再生可能エネルギー促進法案と、国民新党が重視する郵政改革法案、労働者派遣法改正案の今国会成立を期すことも確認した。
 首相はこの後、仙谷由人官房副長官と首相公邸で2人だけで会談した。
 亀井氏は会談後の記者会見で、自身の入閣の可能性を問われ、「亀も鶴もない」と否定的な見解を示した。復興担当相を含む閣僚人事の日程については「24日からそんなに日にちを置くことはない」と指摘。複数の与党幹部は、人事は27日に行われるとの見通しを示した。
 復興担当相について首相は、他の閣僚による兼務ではなく、専任とする方向で検討している。菅内閣は内閣法で定める上限の17閣僚で構成しており、専任の復興担当相を置く場合、閣僚の担当替えは必須だ。首相周辺では、松本龍防災担当相や福島県出身の玄葉光一郎国家戦略担当相らの名が挙がっている。
 首相は23日、沖縄県糸満市で記者団に「復旧・復興と、福島第1原発事故の収束に向けて全力を挙げ、燃え尽きる覚悟で取り組んでいきたい」と述べ、続投への意欲を重ねて表明した。(以上(時事ドットコム2011/06/24-01:25)より引用)
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011062300925

 菅無能政権の延命を謀る国賊・菅直人と国民新党の延命を謀る亀井静香との思惑が一致し、訳の分からない動きをしている。
 この二名は、日本の国益など考えない不届き政治屋と言っても過言ではあるまい。亀井静香は、国賊・菅直人が頑張って大連立を阻止しないと国民新党の存在価値が無くなるという個人的な理由から国賊・菅直人を応援しているだけだ。亀井静香は、これだけ、「郵政改悪法案」を無視されながらも、国賊・菅直人にしがみつかなければ生きていけない広島の恥部だ。国賊・菅直人は、死に体総理が内閣の大規模改造を行ったという、憲政史上例を見ない愚策をやり遂げ、さらに、マイナスの歴史的評価を積み上げたいとも考えられる。民主党執行部からも見放された国賊・菅直人は、「燃え尽きる」などとほざいているが、既に自分には「残り火」もないことすら自覚がないようだ。燃え尽きる尽きない以前の問題だ。
 国賊・菅直人にしても、広島の恥部・亀井静香にしても、日本全体を考えるだけの度量のない政治屋が暗躍する日本の将来は真っ暗だ。(No.2971)

|

« 非常時に夜遊びできる保安院 | トップページ | 反菅に頭を使え自民党 »

国民新党」カテゴリの記事

売国奴」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/52027927

この記事へのトラックバック一覧です: 生き残り賭けた思惑一致する:

« 非常時に夜遊びできる保安院 | トップページ | 反菅に頭を使え自民党 »