« 辞任時期間抜けな鳩の勘違い | トップページ | 不安院役所仕事が止まらない »

不信任否決をしても収まらぬ

醜悪“退陣詐欺”菅の末路は…国民小バカにした報いを
 菅直人首相は、内閣不信任案可決を回避するため、同僚議員を裏切り、震災・原発対応を“人質”に自らの延命を図っている。醜悪な権力亡者に待ち構える末路とは-。
 「約束をほごにした。進退を表明したのに、いつまでも居座るのはいかがなものか」
 自民党の谷垣禎一総裁は3日の党総務会で、菅首相に早期退陣を要求した。小池百合子総務会長も「詐欺という印象だ」と言い放った。
 確かに、一国の首相が政権延命のためにウソをつく。これほど亡国的なことはない。菅首相は政権の長期続投を画策しているが、同僚議員や国民を小バカにした罰は必ず下されるはずだ。
 野党陣営は、多数を握る参院での問責決議案提出を検討しており、これが可決されると、参院での審議はストップする。西岡武夫参院議長は「菅首相は辞任すべき」「問責決議が通れば本会議開会のベルを押さない」と公言。今年度予算の特例公債法案など、法案は1本も通らなくなる。
 政治評論家の小林吉弥氏は「私も詐欺だと思う」といい、続ける。
 「菅首相や周辺の言動で、野党も民主党内の『反菅』勢力も『だまされた』と怒っている。永田町だけでなく、国民の信も失い、反発はさらに強まる。被災者のことを考えて震災基本法は通るだろうが、特例公債法案など重要法案は一切通らなくなる。求心力はさらに落ち、早晩行き詰まる。月内にも退陣に追い込まれるだろう」
 菅首相がクビを差し出す時間は、どちらにしても近いというのだ。(以上(ZAKZAK2011.06.03)より引用)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110603/plt1106031611006-n1.htm

 6月2日の内閣不信任案否決により、国会が一丸となって、被災地のための政治を行うようになるのかと思いきや、国賊・菅直人の退陣詐欺行為により、ますます混迷を深めるばかりだ。
 詐欺行為と言えば、民主党政権が発足したのも『マニフェスト詐欺』による政権交代だった。民主党政治屋の都合だけで、何の裏付けもなく、心眼で嘘を構築するのは、民主党のお家芸と言っても過言ではない。その中にあっても、内閣不信任案の否決のために、国賊・菅直人が言い放った退陣という嘘は、誰の目にも明らかだ。「震災復旧」を枕詞に、政権の延命を謀る菅無能政権、岡田民主党執行部は、許し難い犯罪を犯したと言えるだろう。
 国賊・菅直人の退陣詐欺が明らかになった以上、この混迷から抜け出す方策は、委員会審議で、国賊・菅直人に義を糺すことをやっても時間の無駄だ。自民党も審議拒否などで無駄な時間を費やすよりも、出せば可決する問責決議案を来週早々(6月6日の週)に参議院へ提出するべきだ。それは、国賊・菅直人の退陣詐欺のほとぼりが冷める前にやらなければ意味がない。何せ、民主党議員という輩は、「喉元過ぎれば何とらや」だからだ。また、問責決議案に対する国賊・菅直人の次の方便を考える時間も与えてはならない。
 被災地では、待ったなしで国の方策を待っている。それに答えるのが国会議員の使命だ。それを考えると、あれこれ、『菅の耳に正論』を宣っても、理解する気のない国賊・菅直人を説得するなど、無駄以外の何物でもない。この週末は、次のスキームを考える時間に使い、菅無能政権を引きずり下ろしてから何をするべきか、まとめる時間にすべきだ。(No.2951)

|

« 辞任時期間抜けな鳩の勘違い | トップページ | 不安院役所仕事が止まらない »

川柳」カテゴリの記事

政治屋」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51849440

この記事へのトラックバック一覧です: 不信任否決をしても収まらぬ:

« 辞任時期間抜けな鳩の勘違い | トップページ | 不安院役所仕事が止まらない »