« 不信任否決をしても収まらぬ | トップページ | 菅になりもはや日本の一周忌 »

不安院役所仕事が止まらない

千度以上示す核物質、3月12日に検出していた
 東電福島第一原発から約6キロ離れた福島県浪江町で3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質が検出されていたことが分かった。
 経済産業省原子力安全・保安院が3日、発表した。検出された物質は「テルル132」で、大気中のちりに含まれていた。原発から約38キロ離れた同県川俣町では3月15日、雑草から1キロ・グラム当たり123万ベクレルと高濃度の放射性ヨウ素131も検出されていた。
 事故発生から2か月以上たっての公表で、保安院の西山英彦審議官は「隠す意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。反省したい」と釈明した。
 テルルの検出は、1号機から放射性物質を含む蒸気を放出する「ベント」の実施前だった。(以上(2011年6月3日23時09分読売新聞)より引用)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110603-OYT1T01065.htm

 今頃になって、シャアシャアと原子力安全・不安院が、3月12日に原発の燃料棒のメルトダウンを示すデータを公表した。
 不安院の原発のド素人・西山英彦は、「隠す意図はなかった」とほざいたが、そもそも、原子力不安院が、不安院のスポークスマンに西山英彦を据えたこと自体、組織的情報隠蔽を行ったという事実ではないだろうか。この組織犯罪に対して、西山英彦は、「反省したい」ともほざいているが、反省をするだけならばサルだってできるのだ。サル以下の集団である原子力不安院を原発事故以来、そのまま放置している菅無能政権のリーダーシップのなさが、このような事態を引き起こしているのだ。また、この「テルル132」の検出が、ベント前というのだから、1号機は、水素爆発よりも前に、放射性物質を垂れ流ししていたことになる。
 このように情報隠蔽を行っても素知らぬ顔の原子力安全不安院などこの世に存在しなくても、何も国民は困らない。今すぐ、原子力安全不安院全職員を検挙して、この度の原発菅災についての組織的隠蔽工作の全容を明らかにすべきだ。特に、西山英彦については、国民を騙し続けた詐欺罪についても、追求するべきだ。(No.2951-2)

|

« 不信任否決をしても収まらぬ | トップページ | 菅になりもはや日本の一周忌 »

公務員」カテゴリの記事

川柳」カテゴリの記事

犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178552/51852120

この記事へのトラックバック一覧です: 不安院役所仕事が止まらない:

« 不信任否決をしても収まらぬ | トップページ | 菅になりもはや日本の一周忌 »